終身ガン治療保険プレミアムDXの特徴・メリット

通院治療がメインの放射線治療・化学療法を主契約とした新しいタイプのガン保険「終身ガン治療保険プレミアムDX」の特徴をまとめました。

チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアムDXの給付金・保険料は?

保険名 チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムDX 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 17,500,000円 36,200,000円
月々の保険料 4,449円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼上記、給付条件における終身ガン治療保険プレミアムDXの具体的な内容はこちら

放射線治療給付金10万円/月、抗がん剤・ホルモン剤治療給付金10万円/月、自由診療抗がん剤・自由診療ホルモン剤治療給付金20万円(通算12ヶ月限度)、ガン診断給付金1回100万円(2年に1回)、ガン先進医療給付金、ガン先進医療支援給付金15万円(1回限り)、ガン入院特約日額10,000円、ガン手術特約1回10万円

終身ガン治療保険プレミアムDXの特徴やメリット

安い保険料で長期の入院をサポート

治療費が高額になりがちな放射線治療や抗がん剤治療をサポートしてくれる保険です。給付金は回数無制限なので、長期の治療も安心です。また、ガン長期入院時差額ベッド保障特約という特約もあり、入院が長期化した際に給付金を受け取ることができます。しかも主契約だけなら保険料がかなり安いのもポイントです。

日本では未承認の自由診療も保障の対象

自由診療抗がん剤・自由診療ホルモン剤治療を受けた際に、基準給付月額の2倍の給付金がもらえます。公的医療制度の適用外となる治療でも安心して選択することができます。

先進医療特約で通算2000万円まで保障・15万円の一時金も支給

先進医療特約を付加すると、先進医療の技術料を通算2000万円まで保障してくれます。さらに、一時金として15万円がもらえます。先進医療に対応する医療機関は限られており、遠方に通う可能性もあります。そんな時に、交通費や宿泊費に使える一時金はありがたいですね。

メンタルサポートも充実

がん診断後ストレス性疾病特約という、珍しい特約があります。これを付加すると、ガンと診断された後のメンタル疾患の治療費に使えます。また、無料のセカンドオピニオンサービスも利用でき、専門相談員が専門医を紹介してくれます。

FPがチェック!終身ガン治療保険プレミアムDXのポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

基本保障のみで保険対象の治療から自由診療までを対応

通常、公的保険対象しか保障していないがん保険が多いですが、この商品は、未認可の抗がん剤やホルモン剤などの高額な費用がかかる治療まで、保障されています。しかも基本保障のみでの契約の可能なので、すでに契約しているがん保険に、治療費の保障を付け加えるという使い方が出来る商品です。月額保険料が1500円からの契約となりますので、そこだけ注意が必要です。

治療給付金は1か月最高30万円で通算2000万円まで

この保険は、悪性新生物も上皮内新生物も同額保障されています。また、抗がん剤やホルモン治療・放射線治療を行った際には、1か月に最高で30万円支給されます。公的保険対象外の治療を行った場合には、基準支給月額の2倍の金額が支払われます。

さまざまな保障はオプション対応

基本契約だけでも、リーズナブルな保険料でがん治療に備えることは可能ですが、先進医療給付・通院給付・手術給付・がん診断給付・払込免除などの特約を付けることができます。契約者が自由にカスタマイズする保険だといえます。

終身ガン治療保険プレミアムDXのよくある質問

Q.満期保険金、解約での返戻金はある?

解約返戻金は条件により発生し、満期保険金はありません。解約返戻金は保険料が短期支払いのタイプを選びすべて支払い終えたあとに解約した場合、そして死亡・高度障害プランを契約した場合は契約年齢や契約している年数などによって発生します。

Q.がん入院給付金は入院初日から保障される?

ガン入院特約を申し込みしていれば、入院の初日から給付金支払いの対象です。また給付金の支払い日数に上限はありません。そのため入院が長期になった場合でも、その日数分支払われます。

Q.年齢が高くなると保障内容や保障金額は変動する?

契約してから年齢を重ねていった場合でも、保険の保障内容や保障される金額に変動はありません。また契約できる年齢は満年齢で6歳から80歳までが対象となっています。

Q.上皮新生物は保障対象に含まれる?

上皮内新生物も悪性新生物と同じ保障内容です。注意点として、がんと診断されたらそれ以降の保険料支払いが不要となる悪性新生物保険料払込免除特約については対象外となってしまいます。

Q.特定治療による給付金は入院しない場合は対象外?

主契約に含まれている抗がん剤・ホルモン剤治療、自由診療抗がん剤・自由診療ホルモン剤治療、放射線治療の給付金は入院せずに通院で治療を受けた場合でも給付されます。

終身ガン治療保険プレミアムDXの主契約と特約

チューリッヒの請求資料
チューリッヒで請求したパンフレットたち
放射線治療給付金 1ヶ月ごとに10万円〜30万円[基準給付月額](1ヵ月に1回・回数無制限)
抗がん剤・ホルモン剤治療給付金 1ヶ月ごとに10万円〜30万円[基準給付月額] (1ヵ月に1回・回数無制限)
自由診療抗がん剤・自由診療ホルモン治療給付金 基準給付月額の2倍(通算12ヶ月が限度)
ガン先進医療特約 通算2000万円、同一の先進医療による療養につき最大15万円の支援金を給付(同一の先進医療による療養について1回限度)
ガン診断特約 50万円~100万円
(2年に1回、回数無制限)
ガン通院特約 1日につき5,000円~3万円
(退院後通院期間あたり120日まで)
ガン入院特約 1日につき5,000円~3万円
(入院1日目から保障、回数無制限)
ガン手術特約 1回につき10万円~60万円
(回数無制限:ただし、一連の手術については1回のみ)
ガン緩和療養特約 1ヶ月につき10万円~60万円
(通算12ヶ月程度)
ガン診断後ストレス性疾病特約 5万円、10万円、20万円
(1回のみ)
ガン長期入院時差額ベッド保障特約 入院8日目以降1日につき1万円
(8日目以降無制限)

ガン入院給付金

入院する理由がガンの治療であることが条件です。具体的には、入院時に必要となる食事代や差額ベッド代の費用となります。入院したその日から加算され、無制限で受け取ることができる給付金であり、5,000円~3万円/日が限度となっています。

ガン長期入院時差額ベッド給付金

ここで言う長期入院とは8日以上入院することです。上記の給付金同様、ガン治療が直接の目的である場合の入院にしか適用されません。入院してから8日目以降~入院日数無制限で支払われます。なお、支払額は1万円/日です。

ガン通院給付金

ガン通院給付金と呼ばれていますが、この給付金を受け取るためにはガンの治療目的で1度は入院する必要があり、この入院日前日を含めた60日間以内の通院と、退院日の翌日を含める365日以内の通院(退院後通院期間は120日を限度)を保障するものです。5,000円~3万円/日の給付額となります。

ガン先進医療給付金

厚生労働省に認可された「先進医療」を扱っている医療機関にて、先進医療の技術によるガンの手術や治療を受けた場合に給付されます。回数無制限で付与できるのですが、通算2,000万円までを限度としている点に注意が必要です。

ガン先進医療支援給付金

ガン先進医療の手術や治療を受ける際に移動費や宿泊費が必要となります。これは上記のガン先進医療給付金とセットで加入する一時金のため、1回の支払いが限度となっています。15万円/回の給付金を受け取ることが可能です。

ガン診断給付金

ガンと診断確定された場合に支払われる給付金であり、支払い回数無制限にて受け取ることができます。ただし、ガンと確定した日を含めて2年以降じゃないと支払われません。また、その期間以降にガン治療目的の入院をしている必要があります。給付金は50万円/日・100万円/日のいずれかを選択できます。

悪性新生物保険料払込免除

名前の通り悪性新生物と診断確定されることで、その時点以降の保険料の支払い義務がなくなるという規定です。これは上皮内新生物に対する保障ではないため注意が必要です。また、ガン治療重視プランやガン総合保障プランには最初から付加されていますが、自由設計プランを選択した場合、付加の有無を入力しなくてはいけないので、この点にも注意しましょう。

ガン緩和療養給付金

ガンに伴う疼痛を緩和するために入院や通院による治療を受けた場合が支払事由にあたります。ただし、緩和ケアによる入院や診察であると認められる必要があり、さらに疼痛緩和薬の費用や処方箋料を算定できる入院・通院であることが必須条件です。なお、給付金の支払いは10万~60万円/1ヶ月、通算12ヶ月ほどを限度としています。

ガン診断後ストレス性疾病給付金

ガンと診断確定され、その後5年以内に統合失調症や気分障害、ストレス関連障害および身体表現性障害等々のようなストレス性疾病を発病した場合にのみ、5万円・10万円・20万円のいずれかを1回限り受け取ることができる給付金です。このストレス性疾病は厳密に定められているため、要確認です。

相性の良い保険商品

チューリッヒの「終身ガン治療保険プレミアムDX」は、基本契約で通算2000万円までのがん治療に備えることができるがん保険です。しかも、公的保険対象の治療だけでなく、自由診療も含まれます。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、オリックス生命の「医療保険 新CURE [キュア]」との組み合わせがおすすめです。

オリックス生命の「医療保険 新CURE [キュア]」は、三大疾病の入院日数を無制限に補償しているのが特徴の医療保険です。35歳男性の場合、入院日額5,000円、先進医療ありの保障なら保険料は1,807円です。さらに、入院日額10,000円、先進医療特約ありの保障だと、保険料は3,247円になります。

すでに、オリックス生命の「医療保険 新CURE [キュア]」に加入されている方にとっては、毎月治療給付金がもらえるチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミアムDX」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、チューリッヒの「終身ガン治療保険プレミアムDX」と割安な保険料で充実の保障のある医療保険がおすすめです

病気の治療による収入減の不安には、ストレス疾患にも対応しているチューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」もあります。 

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。