東京海上日動あんしん生命の見積シミュレーターの使い方

「自分ががん保険に入るとしたら、どのくらいの保険料がかかるの?」「このくらいの保険料だと、もしがんになったときに、どの程度まで保障してくれるの?」等々、がん保険を検討中の方の中には、具体的な金額を知りたいという方も多いことでしょう。

もちろん、正確な保険料や保険金額を知りたい場合には、代理店等に問い合わせて計算してもらう形となります。しかしながら、「そこまで細かくなくても良いので、ざっくりと金額の目安を知りたい」という方もいるはずです。

そのような方々のために役立つ機能が、各保険会社の公式HPに設置されていることがある見積シミュレーター。保険会社によって見積シミュレーターの利用方法や精度は異なりますが、操作に抵抗を感じるような難しいものではないので、気軽に利用できるでしょう。

ここでは、東京海上日動あんしん生命の見積シミュレーターの特徴や使い方等について詳しく解説します。

シミュレーターの特徴

操作性がとても簡単

公式HPのトップ画面からシミュレーション画面までの導線が、とても簡易的。シミュレーション画面ではキーボードを使って入力する情報は一切なく、すべて選択性。3つの情報を選択するだけで、すぐに保険料や保障内容が表示されるため、操作するうえでほとんどストレスを感じません。

2種類の見積もりを同時に表示

シミュレーション画面には、「入院給付金日額10,000円タイプ」と「入院給付金日額5,000円タイプ」の2種類の試算が同時に表示されます。あわせて、それぞれのタイプにおける「診断給付金」「手術給付金」「通院給付金」などの各種保障項目も表示。とても見やすい画面となっています。

商品の特徴をワンクリックで表示させられる

保険料や保険金のシミュレーションを行っている最中に、改めて商品の具体的な特長を知りたくなった場合には、シミュレーションの隣にある「特長」という文字をクリック。現在シミュレーション中の商品の特長が、図説によって分かりやすくまとめられています。かゆい所に手が届く機能です。

シミュレーター使い方

まずは、東京海上日動あんしん生命の公式HPを開いてください。次のような流れでシミュレーションをしてみましょう。

  1. 「保険をお考えのお客様」を開く
    トップ画面左上の「保険をお考えのお客様」をクリックします。すると画面上に新たな表示が登場しますが、これら表示の中の「保険料見積もり・シミュレーション」をクリックします。
  2. 「がん保険の見積もり・シミュレーション」からお好みの保険を選ぶ
    新たに開いた画面を下にスクロールしていくと、中段あたりに「がん保険の見積もり・シミュレーション」というエリアが見つかります。この中に「がん治療支援保険NEO」と「がん診断保険R」という2つの保険が表示されていますが、これらのうちお好みの保険を選択し「保険料試算」をクリックしてください。
    以下、「がん治療支援保険NEO - 対面でのご加入」を選択したと想定します。
  3. 必要事項を選択して「保険料を試算する」をクリック
    あらかじめ表示されている「予定ご契約年齢」「性別」「がん先進医療特約/悪性新生物保険料払込免除特則」の3つの項目で回答を選択のうえ、「保険料を試算する」をクリックしてください。約1~2秒で、入院給付金日額「10,000円タイプ」と「5,000円タイプ」の2種類の保険料が表示されます。

なお、このシミュレーションは簡易的な機能となるため、がんの既往歴や治療歴などを細かく入力設定することはできません。保険料に影響を及ぼしうる何らかの事情をお持ちの方は、保険代理店等で直接相談をしましょう。

まとめ

以上、東京海上日動あんしん生命の公式サイトの中から、がん保険の見積シミュレーターをご紹介しました。

操作性のしやすさや表示画面の見やすさは、同業他社のシミュレーターと同様、大変良好です。保険料や保障内容、保険金額の上限などの概略を知りたいだけならば、十分なシミュレーターと考えて良いでしょう。

各保障名の下の「詳細」をクリックすると、その保障を何度受けられるかが表示されるなど、細部までユーザー目線の機能を設置。とても親切なシミュレーターという印象を受けました。

あえて欲を言えば、やや操作性に手間がかかっても良いので、より精度の高いシミュレーターにしてほしいところ。もとより保険会社のシミュレーション画面まで到達する人は、詳しい情報を求めている可能性があります。そのような人たちのために、もう少し詳細な情報を表示できるシミュレーターであれば、なお良かったかも知れません。