がん治療支援保険 NEO[無配当]の特徴・メリット

がんの診断から長期入院まで、悪性がんの保障が手厚いがん保険!「がん治療支援保険NEO[無配当]」の特徴・メリットをまとめました。

東京海上日動あんしん生命のがん治療支援保険NEO[無配当]の給付金・保険料は?

保険名 東京海上日動あんしん生命がん治療支援保険NEO[無配当] 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 9,350,000円 36,200,000円
月々の保険料 3,461円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼上記、給付条件におけるがん治療支援保険NEO[無配当]の具体的な内容はこちら

入院給付金日額5,000円(無制限)、診断給付金50万円(2年に1回、無制限)、診断保険金(悪性新生物初回診断特約)100万円(初回のみ)、手術給付金10万円(回数無制限。ファイバースコープ手術や放射線治療などは60日間に1回を限度)、治療給付金〔抗がん剤治療〕10万円/月(通算60か月まで)、通院給付金日額5,000円(1回の入院で45日まで。通算730日限度)、先進医療給付金

がん治療支援保険NEO[無配当]の特徴やメリット

悪性新生物への保障が手厚い

がんと診断されたら、悪性新生物でも上皮内新生物であっても、最高100万円の診断給付金が支払われます。悪性新生物の場合は、初回のみさらに100万円の診断保険金を受け取ることができます。診断給付金は、2年に1回無制限で支給されるため、がんの転移や再発の際にも安心の保障です。上皮内新生物の場合は、診断給付金は1回しか給付されません。

入院・通院にもしっかり保障

がん治療(悪性新生物・上皮内新生物)による入院は1日目から、日額5,000円か10,000円を日数無制限で保障してくれます。また、通院でも1回の入院につき、45日分の通院まで日額5,000円もしくは10,000円が支払われます。入院と退院後の通院による治療にまで、しっかりサポートされているのは、安心です。

24時間365日の健康サポート

救急医療に従事している専門医師と看護師が健康をサポートしてくれるメディカルアシストというサービスがあり、加入者は誰でも利用できます。 このサービスは24時間、365日電話対応しており、緊急医療相談やがん専用相談など、それぞれ専門の相談窓口を設けています。専用サイトでは相談事例も紹介されています。

FPがチェック!がん治療支援保険NEO[無配当]のポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

がん診断されると最高100万円

初めてがんと診断されると、悪性新生物・上皮内新生物にかかわらず、がん診断給付金が最高100万支給。悪性新生物と診断された場合は、さらに100万円を受け取り出来ます。がん診断給付金は、2年に1回無制限で支払われ、悪性新生物と上皮内新生物のどちらにも対応です。(上皮内新生物は1回のみ)

がんの3大治療と先進医療に対応

3大治療の手術・放射線・抗がん剤などの薬物治療を保障してくれます。手術や放射線治療を受けると最高20万円無制限で支払われ、抗がん剤治療は1ヶ月に10万円を通算60ヶ月まで受け取ることが可能です。

特約をつけることで、先進医療にも対応できます。

特約をつけると、がん診断された後の保険料は不要

保険料の払込免除の特約をつけると、がんと診断された場合、その後の保険料の払込は必要ありません。治療のために、働けないこともあり、保険料の心配をせずに治療に専念できます。

がん治療支援保険NEOのよくある質問

Q.何歳まで契約可能?

がん治療支援保険NEOに加入できる年齢は0歳から75歳までが対象です。終身タイプではなく期間タイプの場合は満了時に自動的に更新となっており、最大で90歳まで契約を延長することができます。

Q.上皮内新生物は給付対象になる?

悪性新生物と上皮内新生物のどちらの診断であっても同様に診断給付金が支払われます。特約で追加できる悪性新生物初回診断特約の上乗せ分や、がんと診断されると保険料の支払いが不要となる悪性新生物保険料払込免除特則は対象外です。

Q.解約返戻金はある?

解約返戻金は契約した際の年齢や保険期間、経過年月数などによって変動します。保険料を支払っている最中の期間に解約した場合には返戻金はありません。また支払う保険料と比較すると金額は少ないです。

Q.告知書にて告知する内容は?

過去の傷病歴の傷病名や治療期間に加えて現在の健康状態、身体の障害状況や職業などをが告知書で確認する内容です。また審査をおこなう場合には指定医師の問診に正確に答えなければいけません。

Q.保険給付がされない例とは?

告知内容に虚偽があった場合や、責任開始日以前にがんが発覚した場合には給付金支払いの対象外となってしまいます。また契約自体が無効となり支払い済みの保険料の返還もされないため注意しましょう。

がん治療支援保険NEO[無配当]の主契約と特約

診断給付金 100万円~300万円(2年に1回、回数無制限)
入院給付金 診断給付金額の1/100(入院1日目から支払日数無制限)
悪性新生物初回診断保険金 50万円~200万円(1回限り、上皮内新生物は対象外)
手術給付金(所定の放射線治療を含む) 診断給付金額の20/100(回数無制限・ファイバースコープ手術や放射線治療などは60日間に1回を限度)
がん通院給付金 入院給付金日額と同額または1/2(1入院45日/通算730日 まで)
抗がん剤治療特約 1ヶ月に1回通算60ヶ月まで(充実プランのみ)
がん先進医療特約 通算2000万円(先進医療に関わる技術料の自己負担と同額)充実プランのみ

相性の良い保険商品

東京海上日動あんしん生命の「がん治療支援保険 NEO[無配当]」は、初めてがんと診断されてから長期にわたる治療までの保障が充実しているがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、アクサダイレクトの「終身医療保険」との組み合わせがおすすめです。

アクサダイレクトの「終身医療保険」は、自分に必要な保障をカスタマイズしやすい保険になっています。例えば、35歳男性の場合、入院日額5,000円のみの保障なら、保険料は930円とかなり割安な保険料です。さらに入院日額を10,000円、通院保障をつけずに三大疾病保険料免除特約をつけると、保険料は3,331円になります。

すでに、アクサダイレクトの「終身医療保険」に加入されている方にとっては、東京海上日動あんしん生命の「がん治療支援保険 NEO[無配当]」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、東京海上日動あんしん生命の「がん治療支援保険 NEO[無配当]と割安な保険料でその他の病気に備えることができる医療保険がおすすめです。

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。