SBI損保の保険料シミュレーションの使い方

ここでは、SBI損保の公式サイトにあるがん保険のシミュレーション機能をご紹介しています。特徴や使い方を詳しく説明しているので、がん保険の加入や見直しを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

医療が急速に進歩している現代においても、すべてのがんを根治させる技術は、まだ開発されていません。がんと人類との闘いが今後も長く続くことが予想される中、がん保険は加入必須の保険と言っても良いでしょう。

がん保険に関心のある方は、保険会社や保険代理店の窓口で相談することが一番です。ただし、毎日の仕事や家事で忙しい方などは、なかなか窓口に足を運ぶ余裕がないことでしょう。

そのような方は、各保険会社の公式サイトにある保険料シミュレーターを、ぜひ活用してみてください。

シミュレーターの特徴

2種類の簡易的なシミュレーターを用意

SBI損保の公式サイトでは、2種類の簡易的なシミュレーターを用意しています。1つ目は、以下「シミュレーターの使い方」で紹介するタイプ。2つ目は、「がん保険の保険料シミュレーション」の画面上で操作するタイプです。どちらも非常に簡易的な操作性ですが、ごく簡単な試算のみを知りたいという方には、後者がおすすめ。クリックのみで保険料の試算ができるので、パソコンの操作が苦手な方でも無理なくシミュレーションが可能です。

がん診断保険金の金額別で4種類の試算が自動表示

シミュレーターで自動表示される保険料は、がん診断保険金の金額に応じた4種類。診断された時点での貯蓄額等の見通しに応じ、「なし」「100万円」「200万円」「300万円」の中から、契約者が自由に選ぶことができます。どのプランを選んでも「がん通院保険金」と「がん入院保険金」の保障内容は同じ。初めてがん保険を検討する方にとっても、非常に分かりやすい商品内容となっています。

シミュレーション画面から申込手続きへ進むことも可能

シミュレーション画面の中から希望に合ったプランを見つけた場合には、同じ画面内からそのまま申込手続きへと進むことが可能。保険料の下の「このプランで申し込む」をクリックし、画面の指示にしたがって申し込み手続きを進めてください。

シミュレーターの使い方

SBI損保の公式HPを開き、次のような手順でシミュレーターを使います。

①公式サイト上部のアイコンの中から「がん」を選択

SBI損保の公式サイトを開くと、トップページの上部に「自動車」「がん」「火災」など複数のアイコンが並んでいます。これらの中から「がん」をクリックし、がん保険専用のページを開いてください。

②「あなたの保険料を今すぐチェック」を選択

がん保険専用のページを開いたら、少しずつ下へ向けてスクロール。「SBI損保のがん保険3つの特長」の中の「特徴1 比べてナットク!割安な保険料」の段の下にある「あなたの保険料を今すぐチェック」をクリックしてください。すると、「がん保険の保険料シミュレーション」という画面が開きます。

③画面右側の「無料お見積り」をクリック

「がん保険の保険料シミュレーション」の画面内で簡易的な試算をすることができますが、より詳細な試算をする場合には、画面右側の「無料お見積り」をクリックしてください。すると「保険料のお見積り」という画面が登場します。

④性別・生年月日・払込方法を選択

「保険料のお見積り」画面の中で、性別、生年月日、保険料の払込方法(月払か年払か)を選択。これら3つの選択が行われた時点で、その下方に保険料の見積もり額が4種類、自動的に表示されます。ちなみに表示される保険料のタイプは、診断給付金が「100万円」「200万円」「300万円」「なし」の4種類となります。どのタイプを選択しても、がん入院保険金(無制限)やがん通院保険金(1000万円まで)は変わりません。

お気に入りのプランが見つかった場合には、「このプランで申し込む」から先へと進んで加入手続きをします。

まとめ

以上、SBI損保の公式サイトの中から、がん保険のシミュレーターをご紹介しました。

SBI損保のシミュレーターは、他の保険会社のシミュレーターと同様に、性別や生年月日などを入力するだけで概算が表示される、とても簡易的なもの。マウスの操作だけで見積もりをとることができるため、パソコンに慣れていない方でも、さほど抵抗なく利用できるのではないでしょうか?

改めて詳しい補償内容を知りたい場合には、シミュレーション画面内の「さらに詳しい補償内容の説明はこちら」をクリックするだけでOK。とても使い勝手の良い仕様です。

ただし、表示された試算の内容でがん保険を契約するには、病歴や健康状態などがSBI損保の定める範囲内である必要があります。もしあなたが過去にがんの治療を行ったことがあるならば(あるいは治療が現在進行形ならば)、保険料が変わったり契約ができなかったりするかもしれません。

加入に関連して何らかの疑問点や不安な点がある方は、保険代理店などに赴いて直接相談してみてください。