楽天生命の見積シミュレーターの使い方

保険会社によってさまざまな工夫が施されている見積シミュレーターは、精度によって使い勝手や表示される情報量も異なります。楽天生命の見積シミュレーターはどのような特徴があるか、使い方とともにお伝えしていきましょう。画像で分かりやすく説明しているので、ぜひチェックしておいてください。

シミュレーターの特徴

セットでの試算が可能

楽天生命の見積シミュレーターでは、数ある保険商品をセットにした場合の試算ができます。がん保険と入院保険に同時加入したいなら、2項目にチェックすれば月々の保険料の合計額を自動計算。

複数の保険を検討している方におすすめです。組み合わせができないタイプの保険を選ぶと、その他の商品は選べないような表示になるので、チェックの外し忘れや見積の間違いも起こりません。

保険料を比較しやすい

同じがん保険でもさまざまな商品が取り揃えられている楽天生命。入院保険のなかにも、がんに備えられるタイプの商品もあります。PC版のシミュレーターでは、3商品までの保険料を並べて比較可能。

また、性別と生年月日の変更もできるので、3名まで保険料の同時試算ができます。特約加入の有無やプランで比較するだけでなく、夫婦や家族での同時加入を考えている方のシミュレーターとしても役立つでしょう。

見積結果をPDFで保存できる

メールでの保存や問合わせ、実際の申込は楽天IDがないとできませんが、PDFファイルの保存ならログインしなくても行えます。印刷しておけば、他社との保険料比較やあとで読み返したいときに便利です。

ただし、保存したファイルに記載されるのは、月々の支払額の概算と申し込んだ特約の給付金額のみ。詳しい資料は別途申込が必要です。保存したPDFファイルには「お客様サポートデスク」の問合わせ先が記載されているので、資料請求や申込は、一度電話をかけて聞いてみると良いでしょう。

シミュレーターの使い方

楽天生命の見積シミュレーターでは、ひとつのページでさまざまな商品の保険料を試算できます。画面上部の「保険料シミュレーション」から、性別、生年月日を選択。楽天IDを持っていなくてもログインなしで操作できます。

いくつもの保険が下部に表示されているので、スクロールしながら選んでもOKですが、「目的から選択」のタブから自分が備えたい保険の特性を選ぶと便利。自動的におすすめの保険がチェックされる機能がついています。

目的を「がんにしっかり備えたい」で選ぶと、「スーパーがん保険」の安心プランを選択。さらに、選択したプラン内で加入できる特約の条件も選べます。抗がん剤治療給付金額や診断給付金、入院給付金などにあわせて、月々の保険料が自動計算される仕様です。

計算された保険料の合計は、スマホのボトム部分に常に固定されていて見やすくなっています。パソコンの場合だと上部に固定。下までスクロールしても分かりやすく見やすいつくりで、ユーザーに配慮されています。

ただ、試算結果のメール保存や問合わせは、楽天会員でないとできません。楽天IDを持っている方も、楽天生命を利用するのがはじめての場合は会員情報の追加登録を求められます。シミュレーターとしての精度は申し分ないですが、試算保存には若干の手間を要するでしょう。楽天会員としてログインしたあとも、規約の同意や確認項目がありました。

まとめ

楽天生命の見積シミュレーターは、複数の商品や年齢性別で比較できて便利でした。計算結果がすぐに画面上部や下部に表示されるのも見やすく、分かりやすい設計になっています。スマホでの使い勝手も優秀で、操作性の高いシミュレーターと言えるでしょう。

気になるところがあればお客様サポートセンターで相談できるので、シミュレーターの操作や見方に困ってもすぐに対応してくれそうです。

ネットのイメージが強い楽天ですが、対面での保険販売を実施。ネット申込が可能な保険は対面でも販売しているほか、対面のみでしか扱っていない保険も多く揃えています。試算後に疑問や質問があったら、保険販売員に直接相談してしっかりとサポートを受けると良いでしょう。