プルデンシャル生命とはどんな会社?

プルデンシャル生命保険株式会社は、アメリカ最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員。なお、アメリカでは、保険の顧客満足度調査において、2015年と2016年とも2年連続で1位の評価を得ています。

顧客対応や保険請求そして保険支払いなどに関しては、ホスピタリティの高いサービスを提供してくれる保険会社といっても良いでしょう。また、貯蓄性の高い保険も注目されており、富裕層から投資目的での保険などに、人気があります。

最近注目のプルデンシャル生命のホットなニュースといえば、Great Place to Work® Institute Japan 2019年版「働きがいのある会社」ランキングで5位、またオープンワーク社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング2019」で9位にランクインしています。働いている方の満足度が高い保険会社に保険商品をコンサルしてもらえるというのは、いちユーザーとしてみてみると非常に魅力的に思えます。定評のある高いホスピタリティが提供されるわけは、こういった社員の満足度も関係しているかもしれません。プルデンシャル生命が多くの方に選ばれる理由が垣間見れるニュースです。

会社名 プルデンシャル生命保険株式会社
住所 東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー
設立 1987年10月
資本金 290億円(2015年3月31日現在)

プルデンシャル生命保険の保険を紹介

プルデンシャル生命保険の「がん診断保険」ってどんな保険?

プルデンシャル生命保険のがん診断保険は実にシンプルで、がんと診断されると保険金が支払われます。通院や入院給付金はなく、がんになった時に、まとまった一時金が必要な方に適した保険といえるでしょう。上皮内がんにおいてはがん診断保険金額の10%が支払われます。
また、この保険には一生涯を保証する終身タイプと、一定期間を保証する定期タイプがあります。

プルデンシャル生命は、一人ひとりにあった保険が提案できるようコンサルを行っています。ネット申し込みではなく、一旦電話での連絡が必要となりますので、気になる方はぜひ確認してみるとよいでしょう。

がん診断保険の詳細を見る

プルデンシャル生命保険の注目保険「解約返戻金抑制型入院保険」を紹介

プルデンシャル生命保険の「解約返戻金抑制型入院保険」は、がん・心疾患・脳血管疾患の三大疾病時の入院にかかる費用を保障する保険です。この保険のタイプにはいくつか種類あり、入院が保障されるタイプと、入院一時金のみが保障されるタイプがあります。なお保険の期間は一生涯を保障する終身タイプと、期間の決まっている定期タイプがありますので、ご自身の都合によって選ぶと良いでしょう。注意点として保険払い込み期間中は、死亡保険が発生しませんので、入院だけを焦点に当てたい方にお勧めの保険といえます。

プルデンシャル生命の採用方針

がん保険選びをする際の選定ポイントとして当然保険内容は比較するべき内容ですが、その他にも営業担当者など対応してくれるスタッフの人間性も重要です。対応スタッフの人物像を確認するには企業としてどんな採用方針で社員を募集しているかである程度確認できます。

プルデンシャル生命では本社内でのカスタマースタッフや各営業支店で活躍する営業事務職などが募集されていますが、契約者と直接かかわることになるライフプランナーは営業部門などとは別途募集されています。

プルデンシャル生命のライフプランナーは募集にただ応募して採用されるという形式ではなく、まずは「キャリア・インフォメーション・プログラム」という研修に参加しなければいけません。プログラムは保険業界の経験者だと参加できないこともあるといった条件が定められていますが、この条件があることでさまざまな経歴をもった人間がプランナーとして集まっているのです。過去にスポーツ選手だった方や子育てをしている保険の契約者でもあった方、商社で勤務していた方など経歴はそれぞれ異なっています。こうしたさまざまな目線から保険商品について相談できる人物が担当してくれるのがプルデンシャル生命のライフプランナーの最大のポイントです。

保険会社からの目線ではなく過去の人生観から人間としての目線で契約者に寄り添った対応をしてくれます。相談しているのに話しを聞いてくれないといったケースや見当外れの返答をされることもありません。