オリックス生命のがん保険「Believe[ビリーブ]」の特徴・メリット

保険料の安さとスタンダードさが売りの、オリックス生命のガン保険「ビリーブ」について、サービス内容や口コミ評判などを紹介していきます。

オリックス生命のがん保険Believe[ビリーブ]の給付金・保険料は?

保険名 オリックス生命Believe[ビリーブ] 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 5,000,000円 36,200,000円
月々の保険料 3,643円 2,440円

おすすめランキング1位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼以下、オリックス生命「ビリーブ」の具体的なオプション

ガン初回診断一時金:100万円(初めてがんと診断確定時に1回のみ)、抗がん剤・放射線治療・ホルモン治療:なし、ガン入院給付金:10万円(がんの治療を目的として、入院した場合に支払日は数無制限で保障されます。)、ガン手術給付金:20万円(がんの治療の手術を受けた場合に、支払回数は無制限で保障されます。)、ガン治療給付金:50万円(2年に1回、回数は無制限で保障されます。)

オリックス生命のがん保険Believe[ビリーブ]の特徴やメリット

基本保障も手厚くカバーしてくれる

オリックス生命のガン保険「ビリーブ」の特徴は、基本保障に特約をつけて加入できる保険です。

基本保障では入院や手術、そして通院まで、保障してくれるかなり充実した内容となっていますので、それをおぎなう様な形の特約を選ぶことをオススメします。

基本保障は無制限の保障が多い

オリックス生命のがん保険Believe[ビリーブ]の基本保障は、数あるがん保険の中でも、無制限で保障される項目が数多くあります。例えばがん治療給付金は2年に一度ですが、無制限で保障されます。

また、がん入院給付金やがん手術給付金はかかった日数分を無制限で保障してくれます。その他、がん退院一時金は、10日以上の入院で退院すれば、回数無制限で保障されます。長引きやすいといわれているがんの治療、無制限で保障されれば、安心して治療に専念できそうです。

特約で先進医療にも備えられる

ひと昔前では、治らないと言われていたがんの治療ですが、医療の発達とともに、沢山の治療法が確立されてきています。なかでも高額になりがちな先進医療ですが、特約を付けることで治療の幅が広がります。オリックス生命のがん保険Believe[ビリーブ]では、先進医療給付金も2,000万円を限度に先進医療の技術料は保障されます。

また、先進医療を行なっている医療施設は限られているため、交通費なども高額になりがちですが、がん先進医療特約給付金の10%が先進医療一時金として支払われるため、交通費や宿泊費に充てることができ、大変心強いです。

FPがチェック!Believe[ビリーブ]のポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

がん初回診断給付金とがん治療給付金のダブルの保障

がんと診断されると、初回のみではあるものの最高100万円の診断給付金を受取りできます。また、がんを治療するために入院や通院を行うと、2年に1回最高50万円の治療給付金までもらえます。しかも、治療給付金は無制限で支払われるので、入退院を繰り返すがん治療にも大変安心です。

がんと診断されてから、手術・入院・通院・退院までをサポート

この保険は、比較的安い保険料でがん治療に必要な保障がトータルで揃っています。例えば、1984年4月1日生まれ(35歳)男性の保険料は基本プランで3643円です。保険料は更新されることはなく、加入した時の保険料が一生涯続くので、保険料が高くなって保険の継続が難しくなるといった不安もありません。

退院一時金が何度でも支払われる

がんで継続して10日以上入院した場合は、退院一時金が何度でも支払われます。治療費や交通費、生活費などに充てることができるので、ありがたいですね。

がん保険 Believeのよくある質問

Q.上皮内新生物は給付対象になる?

悪性新生物より進行度が低い上皮内新生物も給付金の支払い対象に含まれます。がん保険Believeでは上皮内新生物もがんとして含めているため、他社保険であるような給付内容によって変動するということもありません。

Q.がん通院給付金の支払対象である腫瘍用薬とは?

いわゆる抗がん剤として治療に使われる薬のことを指します。がんの治療に使われる治療薬はさまざまな種類がありますが、そのなかでホルモン剤や生物学的製剤などは腫瘍用薬の対象外です。

Q.保険給付が支払いできない事例とは?

本来給付対象となるケースでも受け取れない場合があります。がんの保障開始前にがんと診断されたケースや申込時の告知内容が実際と異なっていた場合、保険料の支払いがなく契約が終了していた場合などです。

Q.保障はいつから開始となるの?

責任開始日とがんの保障が開始となる日付は異なります。責任開始日を含めて91日目ががんの保障開始日です。責任開始日はBelieveからの告知日か、生命保険代理店にて申込書類を受領した日が該当します。

Q.保険料の支払い期間は?

支払いプランによって異なります。短期払いでは支払い終了を60歳か65歳を選ぶことができ、契約はそれぞれ5年前まで申し込み可能です。終身払いの場合には75歳まで申し込みことができ、保険料の支払いは年齢制限なく続きます。どちらも保障期間については一生涯です。

オリックス生命のがん保険Believe[ビリーブ]の基本保障と特約

オリックス生命の請求資料
オリックス生命で請求したパンフレットたち

例:基本給付金10,000円コースの場合

がん初回診断一時金 100万円(初めてがんと診断された時1回のみ)
がん治療給付金 50万円(2年に1回無制限で保障)
がん入院給付金 1日10,000円(入院された日数分だけ無制限で保障)
がん手術給付金 20万円(がんの手術をした時、支払い回数無制限で保障)
がん退院一時金 10万円(10日以上入院し退院した場合、支払回数無制限で保障)
(オプション)がん先進医療給付金 がん先進医療を受けた時の治療費(通算で2000万円まで)
(オプション)がん先進医療一時金 がん先進医療給付金の10%を保障(1回の療養につき50万円限度)
(オプション)がん通院給付金 1日10,000円(通院治療期間あたり60日を限度とし、支払い日数は無制限)

相性の良い保険商品

オリックス生命のがん保険「Believe[ビリーブ]」は、がんと診断されると一時金と治療給付金のダブルの保障があるがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、楽天生命の「スーパー医療保険」との組み合わせがおすすめです。

楽天生命の「スーパー医療保険」は、3つのプランが用意されているので、どのような保障を選べばいいのかわからない方やゆっくり検討する時間がない方にとっては、選びやすい医療保険です。35歳男性の場合、入院日額5,000円、放射線治療や先進医療の保障のある基本プランだと保険料は1,920円です。三大疾病やがんの保障が充実しているプランでも、保険料は3,365円ですみます。

すでに、 楽天生命の「スーパー医療保険」に加入されている方にとっては、オリックス生命のがん保険「Believe[ビリーブ]」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、オリックス生命のがん保険「Believe[ビリーブ]」と最低限の保障から充実の保障まである医療保険がおすすめです

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。