ネオファースト生命の保険料シミュレーションの使い方

ここでは、ネオファースト生命の保険料シミュレーション機能について、機能の特徴と使い方を詳しくご紹介します。

がん保険への新規加入を検討したり、すでに加入中のがん保険を見直したりする際、保障内容と同じくらい気になるのが月々の保険料。上限なく保険料を払うわけにはいかないので、契約前の保険料試算は、がん保険を契約するうえで非常に大切なステップとなります。

そうとは言え、気になる保険会社のすべてに問い合わせたり、保険代理店の相談窓口に足を運んだりなどする余裕のない方も、きっと多いことでしょう。そのような方におすすめの機能が、公式サイト内にある保険料シミュレーターです。

加入者の条件によって保険料は異なりますが、基本的には年齢と性別を入力するだけで、大雑把な保険料を把握することが可能。忙しい方はもとより、「がん保険について、ちょっとだけ知りたい」という方にも、ぜひ保険料シミュレーターの活用をおすすめします。

シミュレーターの特徴

2項目を選択して「計算する」をクリックするだけ

ネオファースト生命の保険料シミュレーターは、年齢と性別を選択して「計算する」をクリックするだけの簡単操作性。最初に過不足のない「おすすめプラン」が自動表示されますが、この内容で問題がない場合には、そのまま下段にある「インターネットでお申込み」に進んで契約手続きを進めることができます。

契約内容を自由にカスタマイズすることが可能

自動表示される「おすすめプラン」の横に、「自由設計」という欄が並んでいます。自分の希望に応じて契約内容をカスタマイズできるシミュレーターです。「保険料払込期間」「入院給付金」「先進医療特約」「がん診断特約」「抗がん剤治療特約」など、希望の項目をチェックして再度「計算する」をクリックすれば、「おすすめプラン」と比較しながら契約内容を確認することができます。

不明な項目は「?」マークをクリックして一発表示

シミュレーション画面の中にある各種項目の意味を知りたい場合には、項目名の横にある「?」マークをクリックするだけで項目の意味が一発表示。商品説明の画面に戻って意味を検索する必要はありません。利便性の高いシミュレーター機能を意識した、ユーザー目線の仕様です。

シミュレーターの使い方

ネオファースト生命の公式HPを開き、次のような手順でシミュレーターを使います。

①トップページ上段「保険料試算」からシミュレーター一覧を開く

ネオファースト生命の公式サイトを開き、トップページ上段「保険料試算」をクリック。ネオファースト生命が用意している様々な保険のシミュレーターが一覧で登場するので、それらの中から希望の保険を選んで「試算する」をクリックしましょう。以下では、一覧の中の最も上にある「ネオdeいりょう」のシミュレーションをしてみます。

②年齢と性別を選択して「計算する」をクリック

「ネオdeいりょう」の「試算する」をクリックすると、簡単な情報入力画面が登場します。画面上で年齢と性別を選択し「計算する」をクリック。すると、自動的に「おすすめプラン」の保険料やその他の条件が表示される仕組みです。

③内容をカスタマイズしたい方は「自由設計」を選択

「おすすめプラン」とは異なる内容にカスタマイズしたい方は、「おすすめプラン」の右側に表示されている「自由設計」のチェックボックスを選択してください。選択後、下に続く各種契約内容からお好みのものを選択し、改めて上段の「計算する」とクリックすれば、自動的に月額保険料が表示されます。

④シミュレーター画面から申込手続きに進むことも可能

「おすすめプラン」または「自由設計」の内容に納得ができたら、そのままシミュレーター画面の下方へ進み「インターネットでお申込み」をクリック。画面上の指示にしがたって各種情報を入力していけば、最短15分程度で申込手続きが完了します。

まとめ

以上、ネオファースト生命が提供しているがん保険のシミュレーターの特徴、使い方などについて詳しくご紹介しました。上でご紹介した「ネオdeいりょう」のほかにも、ネオファースト生命では、がんを保障するいくつかの保険商品を用意しています。それぞれの商品でシミュレーションをし、自分に最適のプランを見つけてみてください。

いずれのシミュレーターも操作方法はいたって簡単。基本的には年齢と性別を入力するだけで月額保険料が試算されるので、パソコン操作に慣れていない方でも、特に無理なくシミュレーターの操作をすることができるでしょう。

ただし、シミュレーターの入力画面の中には、がんの既往歴や現在の健康状態、喫煙習慣など、本来であれば確認されるべき項目が含まれていません。保険料に影響を与える可能性のある要素をお持ちの方は、シミュレーターの試算を参考程度に留めつつ、手間ではありますが、保険の相談窓口まで直接問い合わせてみることをおすすめします。