からだプラスの特徴・メリット

第一生命グループであるネオファースト生命のがん保険「からだプラス」はどんな、特徴があるのでしょうか?実際に試算してみたいと思います。

ネオファースト生命のからだプラスの給付金・保険料は?

保険名 ネオファースト生命からだプラス 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 5,000,000円 36,200,000円
月々の保険料 1,748円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる保険料を算出してみました。

▼上記、給付条件におけるからだプラスの具体的な内容はこちら

7大生活習慣病入院一時給付保険:100万円
7大生活習慣病[がん(悪性新生物&上皮内新生物)、心・血管疾患、糖尿病、脳血管疾患、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患]の治療で1日以上入院した場合は、7大生活習慣病入院一時給付金として100万円を1年に1回を限度として最大10回1,000万円まで保障。

からだプラスの特徴やメリット

生活習慣病が気になる方へ

ネオファースト生命のがん保険「からだプラス」は、どんな方でも基本保障のみのシンプルな保険です。保険料の割には、基本保障がかなり手厚く、がんを含む7大生活習慣病まで保証してくれます。また、かかった治療費ではなく、一時金として100万円を保証してくれますので、自由診療など治療の自由度は大きいといえるでしょう。がんの他にも生活習慣病が気になる方には、これ一つで、満足いく保障といえます。

7大生活習慣病に対応

ネオファースト生命のがん保険「からだプラス」は、がん保険というネーミングではありますが、がんの他に誰でもかかりやすいといわれている、7大生活習慣病のがん(悪性新生物&上皮内新生物)、心・血管疾患、糖尿病、脳血管疾患、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患に対応しています。がん保険というとがんだけを対象とした保険が多い中、かなり目新しい取り組みです。確かにがんは怖い病気ですが、がんばかりに目がいってしまい、他の病気のことは考えていなかったというケースも多々あります。そんな時もこの保障内容なら万全です。

入院一時給付金で安心

ネオファースト生命のがん保険「からだプラス」は、7大生活習慣病である、がん(悪性新生物&上皮内新生物)、心・血管疾患、糖尿病、脳血管疾患、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患のいずれかの診断を受けると、ネオファースト生命の基準で、1日以上の入院で100万円が受け取れる保障です。

ちなみに1つの疾患については1回のみの保障ですが、他の疾患になってしまった時も受け取ることができます。また、更新の時には、実年齢の他に健康年齢で計算されますので、普段健康に気を使っている方は、かなり安く加入することができます。こういった面では、まさに大手生命保険会社グループの、なせる技といえそうです。

からだプラスのよくある質問

Q.何歳まで契約可能?

からだプラスに申し込みできるのは満年齢で20歳から65歳までです。なお支払う保険料は実年齢で決まりません。3年ごとの更新時に健康診断の結果をもとにして算出される健康年齢で決定されます。

Q.上皮内新生物は給付対象になる?

給付対象である7大生活習慣病のがんには、上皮内新生物と診断された場合も含まれています。上皮内新生物は悪性新生物よりも進行しておらず組織の浅い部分にとどまっている状態で、そのままであれば転移の心配はありません。

Q.解約返戻金はある?

からだプラスでは解約した場合の返戻金は設定されていません。また期間満了による給付金などもついている保険ではないため、分類としては積み立て型ではなく掛け捨て型に該当する保険プランです。

Q.告知書にて告知する内容は?

申し込み前に告知するべき内容にて詳しくは公開されていませんが、主に過去の病気や現在の健康状態んどについて確認されます。仕事場での健康診断書などを利用することもできますが、告知書には正確に回答しなければいけません。

Q.保険給付がされない具体例とは?

申し込み前の告知内容が事実と異なる場合には本来給付対象であるがんなどの7大生活習慣病と診断された場合でも給付対象外となってしまいます。また責任開始以前に診断された場合も給付金は支払われません。

からだプラスの基本保障と特約

7大生活習慣病入院一時給付保険 100万円
7大生活習慣病、がん(悪性新生物&上皮内新生物)、心・血管疾患、糖尿病、脳血管疾患、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患の治療で1日以上入院した場合は、7大生活習慣病入院一時給付金として100万円を1年に1回を限度として最大10回1,000万円まで保障
契約期間 3年間
更新後の保険料は健康年齢にもとづき計算。※健康年齢判定日(更新日)の実年齢と健康診断結果をもとに算定。

相性の良い保険商品

ネオファースト生命の「からだプラス」は、がんなどの7大疾病に入院一時金でカバーしてくれ、健康年齢によって保険料が決まるがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、オリックス生命の「医療保険 新CURE [キュア]」との組み合わせがおすすめです。

オリックス生命の「医療保険 新CURE [キュア]」は、三大疾病の入院日数を無制限に補償しているのが特徴の医療保険です。35歳男性の場合、入院日額5,000円、先進医療ありの保障なら保険料は1,807円です。さらに、入院日額10,000円、先進医療特約ありの保障だと、保険料は3,247円になります。

すでに、リックス生命の「医療保険 新CURE [キュア]」に加入されている方にとっては、ネオファースト生命の「からだプラス」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、ネオファースト生命の「からだプラス」と割安な保険料で最低限の保障のある医療保険がおすすめです

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。