&LIFE ガン保険スマートの特徴・メリット

2018年9月に発売された新しい商品ながら、その保障内容に高評価が集まる三井住友海上あいおい生命の「&LIFE ガン保険スマート」について、特徴をまとめました。

三井住友海上あいおい生命の&LIFE ガン保険スマートの給付金・保険料は?

保険名 三井住友海上あいおい生命ガン保険スマート 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 33,750,000円 36,200,000円
月々の保険料 4,915円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼上記、給付条件における&LIFE ガン保険スマートの具体的な内容はこちら

ガン入院日額5,000円プランにより試算。
ガン入院日額5,000円、ガン手術1回10万円、ガン診断給付特約200万円(年1回)、ガン先進医療特約(2,000万円まで)、抗ガン剤治療給付特約20万円/月

&LIFE ガン保険スマートの特徴やメリット

診断給付金が1年に1回、上皮内がんも同額保障

がんと診断されたら支払われる一時金が、1年に1回まで回数無制限で受け取れます。
一般的には、上皮内がんの場合は給付されなかったり、減額されることが多い中、&LIFE ガン保険スマートは悪性がんだけでなく上皮内がんも同額保障されます。

抗がん剤治療給付特約で毎月最高20万円

抗ガン剤治療をした際に給付金が支払われます。点滴・注射・経口投与等による抗ガン剤治療、ホルモン療法が対象となっており、健康保険対象の治療に支払われます。
この特約の給付回数には支払い限度が定められており、抗がん剤治療給付金特約は通算で120月(10年)となっています。

入院5日目までの入院は一律5日分の給付金

5日目までの短い入院でも一律で5日分の給付金を受け取れるので、短期入院にも備えることができます。もちろん、6日目以降の入院については、日額1万円×日数分の入院給付金が受取り可能。入院や手術の給付金には限度がなく、何度でも受け取れます。

死亡保険金もついている

入院日額10,000円プランにはがんによる死亡や高度障害になった際の保障もついています。給付額は死亡保障としてはあまり多くはありませんが、何かあった時のために死亡保障もついている、というのは心強いですね。

FPがチェック!ガン保険スマートのポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

診断給付金が1年に1回最高200万円支給・上皮内がんも同額保障

がん診断された際に、まとまったお金を受け取り出来ることで、治療方法の選択肢も増えますし、働けない場合の生活費の不安も解消できます。また、他の保険では減額されることの多い上皮内がんも同額保障されるところは魅力的です。

抗がん剤治療も月に1回

入院・通院にかかわらず、抗がん剤治療を行えば、毎月最高20万円を120月(10年)受取ることができます。仕事の関係などで通院のみで、治療したい人にも大変ありがたい給付金です。ただし、所定の抗がん剤の治療が対象となりますので、注意が必要です。

先進医療特約だけで交通費まで支給対象に

通常、先進医療特約は先進医療を行った技術料のみを実額で保障することが多いですが、この保険は技術料のみではなく、病院までの交通費や宿泊費までも保障してくれます。先進医療を受けようとする医療機関は、全国でも数多くはありません。受けようとする医療機関が遠方にあり、受診するのに多くの費用がかかってしまう場合にも、安心できます。

公式サイトで&LIFE ガン保険スマートをチェック

ガン保険スマートのよくある質問

Q.上皮内がんとはなにか?

比較的早期ながんを指します。がん細胞が表面に近い組織までにしかない状態で、それより深い位置にはない状態です。特約をつけなくても基本保障のなかにこの上皮内がんの診断も含まれています。

Q.がんと本人に知らされないときに給付金は受け取れる?

受け取りは可能です。通常であれば本人が給付金を請求する手続きをする必要がありますが、本人に告知されていないときなどであれば代理請求人が請求できます。

Q.給付金が支払われないケースとは?

大腸ポリープの摘出など支払い対象外の手術や、がんの治療以外での入院は支払い対象外です。また告知書に正しく記入しなかった場合、がん保障の始まる責任開始日以前にがんの診断がされた場合も支払いされません。

Q.保障はいつから開始になるの?

申込みを受けて保障が開始されてから、91日目からががん給付責任開始となります。保険の責任開始日とは少しずれてからがん保険の責任開始日となるので注意しましょう。それ以前はがん以外のみが保障の範囲です。

Q.入院給付金の支払に限度日数はあるの?

がん入院給付金には支払い限度日数はなく無制限です。またがん手術給付金についても支払い回数に限度はないので、治療が長期化してしまった場合でもその分給付金を受け取れます。

&LIFE ガン保険スマートの基本保障と特約

&LIFE ガン保険スマートの請求資料
&LIFE ガン保険スマートで請求したパンフレットたち
入院 日額5,000円、10,000円
手術 10万円、20万円
ガン診断給付特約 100万円、200万円(1年に1回を限度、回数無制限)
ガン先進医療給付金 通算2,000万円
(先進医療に関わる技術料と、約款所定の交通費・宿泊費1泊につき1万円を限度)
ガン治療通院給付特約
(10,000円プランのみ)
ガン入院給付日額x通院日数
抗ガン剤治療給付特約 10万円、20万円(支払事由に該当する月ごとに通算120月)
ガン退院療養給付特約
(10,000円プランのみ)
一時金として20万円(1回の入院で1回を限度に、回数無制限)
ガン死亡保障特約
(10,000円プランのみ)
100万円

上記保険は「&LIFE ガン保険スマート」となります。
通信販売商品「ガン保険スマート」とは若干内容が異なりますのでご注意ください。

「相性の良い保険商品」

三井住友海上あいおい生命の「&LIFEガン保険スマート」は、手術や入院などの基本保障にがん診断や通院治療、抗がん剤治療などをオプションとして、契約できるがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、アクサダイレクトの「終身医療保険」との組み合わせがおすすめです。

アクサダイレクトの「終身医療保険」も、自分に必要な保障をカスタマイズしやすい保険になっています。例えば、35歳男性の場合、入院日額5,000円のみの保障なら、保険料は930円とかなり割安な保険料です。さらに入院日額を10,000円、通院保障をつけずに三大疾病保険料免除特約をつけると、保険料は3,331円になります。

がんの治療には、三井住友海上あいおい生命の「&LIFEガン保険スマート」で、がん以外の疾病にはアクサダイレクトの「終身医療保険」で自身に必要な保障を選び、予算にあわせて備えることが可能です。

すでに、アクサダイレクトの「終身医療保険」に加入されている方にとっては、「&LIFEガン保険スマート」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、「&LIFEガン保険スマート」と最低限の保障から充実の保障まである医療保険がおすすめです

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。

&LIFE ガン保険スマートのお申込み手順

ネット申し込みはできない

&LIFE ガン保険スマートはネット申し込みできません。ネットで簡単にがん保険を申し込みたいという人にとっては不便に感じるでしょう。しかし、ネットで資料請求は可能です。じっくり保険内容を見て検討できるので、納得して保険に加入できるようになります。

資料請求をする際は、まず希望する保険の種類を選択。ガン保険スマートにチェックを入れましょう。そして、個人の情報を入力します。氏名や性別、生年月日、職業、住所などです。電話番号やメールアドレスも入力する必要があります。個人情報の取り扱いに関する注意事項に同意して、資料請求を行ないましょう。

窓口申込の手順

窓口を訪問

まずは三井住友海上あいおい生命の店舗を探しましょう。公式サイトの店舗案内をチェックしたり、電話窓口に問い合わせたりできます。自分の家や職場から行きやすい店舗が見つかるはずです。

直接窓口に行く際は、本人が確認できる運転免許証やパスポートが必要となります。その他には印鑑、銀行のキャッシュカードなども持参しましょう。なお、まずは話を聞きたいだけのときは、印鑑や支払い方法の情報は必要ありません。念のために本人確認書類だけ持っていけば大丈夫です。

保険の相談

がん保険の相談をしたいことを担当者に伝えましょう。その際、どのような保障を希望しているのかについてヒアリングされることがあります。入院保障や通院保障を手厚くしたいのか、診断給付金などの一時金を多めにしたいのかなど、自由に希望を述べることが可能です。月々の保険料についても希望を述べるといいでしょう。

また、自分の年齢や保障内容に応じた保険のサンプルを作ってもらえます。いくつか作ってもらうと比較検討できるのでおすすめです。その場で契約せずに、家に持ち帰ってじっくり検討するのも良いでしょう。

保険の契約

保険の内容に納得できたら契約を結びます。月々の保険料、保険金が支払われるケースや金額などは契約を結ぶ前に不明点はすべて解消しておきましょう。保険金が支払われないケースもしっかり覚えておく必要があります。

問題がないと感じたら、速やかに契約しましょう。がん保険の場合、保険金の支払い対象になるまでに約90日間がかかるからです。

契約の際は関係する書類すべてに記入する必要があります。印鑑を押す場所が複数あることも多いので、漏れがないよう注意してください。銀行口座やクレジットカードの情報も間違いなく記入します。支払い方法の情報が間違っていると、後日手間が発生したり、トラブルが起きたりするかもしれません。契約が無事に成立すると、控えなどの書類を受け取れます。受け取った書類は、大事に保管しておきましょう。