メットライフ生命「ガードエックス」の特徴・メリット

メットライフ生命のがん保険「ガードエックス」は今の時代や治療のニーズにあった、新しい考え方のがん保険です。自分で必要な保障を必要なだけ、自由に組み合わせて選ぶことができます。

ガードエックスの給付金・保険料は?

保険名 メットライフ生命ガードエックス 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 7,000,000円 36,200,000円
月々の保険料 2,583円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼上記、給付条件における生きるためのガードエックスの具体的な内容はこちら

治療給付金:50万円(1年1回、通算5回まで。手術、抗がん剤、放射線治療を含む)、ホルモン治療:10万円(1年1回、通算10回まで)、通院給付金:5,000円(1年ごとに60回が限度)、がん先進医療一時金(がん先進医療給付金×20%相当額)、診断給付金:50万円(悪性は1回のみ)

ガードエックスの特徴やメリット

特約の自由度が高い

メットライフ生命のがん保険「ガードエックス」の特約は、基本保障である治療給付金をベースに、特約を組み合わせて入ることのできる保険です。
自分に必要な保障を選びたいという方には、自由度が高く、おすすめの保険といえるでしょう。

シンプルな基本保障

メットライフ生命のがん保険「ガードエックス」は、基本となる保障が悪性新生物治療給付金のみで、非常にシンプルな保険です。

通常のがん保険は、入院から先進医療まで色々とセットされており、保険料が高くなりがちです。ですがメットライフ生命のがん保険「ガードエックス」は、治療項目に関係なく使える給付金に重点が置かれており、ガンになったら一時金を使って、治療の準備をすることができます。そして、さらに入院や通院の保障が必要な方は、特約で備えることができ、自由度の高い保険といえるでしょう。

特約は沢山の種類から選べる

メットライフ生命のガン保険「ガードエックス」は、特約で必要な保障を追加していくために、種類は豊富です。ホルモン剤治療、通院給付金、ガン先進医療給付金、がん診断給付金、がん入院給付金、ガン長期入院給付金の、6つのオプション特約の中から、自分が必要だと思われる保険だけを選ぶことができます。

例えば、ガンになったら先進医療を受けてみたい、と思うのであれば先進医療特約をつけるといった感じです。メットライフ生命のがん保険「ガードエックス」は、自分で選ぶ時代にふさわしい保険といえるでしょう。

FPがチェック!ガードエックスのポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

がんを経験された方々の意見から生まれたシンプルな保険

入院・通院にかかわらずがん治療で1年に1回最高100万円、通算5回まで治療給付金が支払われます。これは、2000人のがん経験者から聞いたがん治療のために年間必要額を参考にしています。

基本保障は必要最小限のため、シンプルタイプであれば非常にリーズナブルな保険料でがん保険に加入することが出来ます。

1年に1回10万円のホルモン剤治療給付金 通算10回まで

女性特有のがんである乳がんや子宮がん・卵巣がんは、40歳以降のがん罹患の大部分を占めていますし、男性特有のがんである前立腺がんは、50歳代から増加していきます。長期のホルモン剤治療に対応でき、保険料の心配をすることなく、治療が可能です。ただ、公的保険対象の治療しか給付されませんので、未認可のホルモン剤などの治療では、給付金はもらえないため、注意が必要です。

がん診断されたら、以後の保険料はいらない

どのプランを選んでも、がんと診断された場合、以後の保険料の払込はいりません。保障はしっかり続くので、働けないことによる収入減も気にすることなく、治療に専念することができます。

ガードエックスのよくある質問

Q.何歳まで契約可能?

ガードエックスの申し込みは契約する際の年齢が満年齢で18歳から80歳であれば申し込みが可能です。保険期間は終身で、がんの先進医療を受けた際に給付金を受け取れる特約については10年ごとの更新となります。

Q.上皮内新生物は給付対象になる?

がんの診断保障については給付金を受け取れます。上皮内新生物の場合、金額は半額となりますが2年に1回を最大として何度でも受け取り可能です。悪性新生物の場合は診断保障の給付金が1回だけの支払いですが上皮内新生物の2倍に設定されています。

Q.解約返戻金はある?

ガードエックスでは解約の際に返戻金はありません。また悪性新生物と診断された場合には保険料の支払いが免除となり、以後支払う必要がなくなります。ただし免除は上皮内新生物の場合、対象外です。

Q.告知書にて告知する内容は?

申し込み前に告知が必要な内容は過去の病気やけがなどについて、また現在の健康状態と体に障害があるかどうかに加えて職業などです。生命保険担当者への口頭などで伝えることはできず、指定医師に伝える必要があります。

Q.保険給付がされないケースとは?

申し込みする前の告知内容に誤りがあった場合、保険が給付されない場合があります。また責任開始前にがんと診断されていたケースやがんの診断確定ではない白板症、大腸がんで粘膜内にとどまっている状態の場合なども支払い対象外です。

ガードエックスの主契約と特約

ガードエックスの請求資料
ガードエックスで請求したパンフレットたち
悪性新生物治療給付金 50万円、100万円(上皮内新生物はそれぞれ25万円、50万円) のコース
ホルモン剤治療 10万円、30万円(1年に1回通算10回まで)
抗がん剤治療特約 10万円(1ヶ月ごと、通算60回まで)
通院給付金 1日5,000円(1年ごとに60日を限度)
ガン先進医療給付金 先進医療にかかった技術料と同額(通算で2,000万円まで)
がん診断給付金 50万円、100万円(悪性のがんと診断された時に1回のみ保障)
がん入院給付金 1日5,000円(60日まで)
がん長期入院給付金 1日10,000円(61日以降)

相性の良い保険商品

メットライフ生命の「ガードエックス」は、がんを経験された人たちの声から生まれた商品で、充実した基本保障でがん治療をサポートしてくれるがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」との組み合わせがおすすめです。

チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」は、7大疾病の入院が無制限で保障されていて、必要な保障や保険料に合わせて、自由にカスタマイズできるのが特徴です。35歳男性の場合、入院日額5,000円、三大疾病払込免除特約をつけると、保険料は1,110円です。入院日額10,000円、退院後の通院日額5,000円、三大疾病払込免除特約をつけると、2,305円の保険料になります。

すでに、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」に加入されている方にとっては、メットライフ生命の「ガードエックス」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、メットライフ生命の「ガードエックス」と割安な保険料でがん以外の病気やケガに備えることができる医療保険がおすすめです。

病気の治療による収入減の不安には、ストレス疾患にも対応しているチューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」もあります。 

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。