メディフィットPlusの特徴・メリット

メディケア生命は、住友生命グループの新しい生命保険会社です。がんを含む3疾病と8疾病のプランは契約者自身が選ぶことができます。メディケア生命のガン保険「メディフィットPlus」について、サービス内容などを紹介していきます。

メディケア生命のメディフィットPlusの給付金・保険料は?

保険名 メディケア生命メディフィットPlus 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 1,500,000円 36,200,000円
月々の保険料 1,535円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる保険料を算出してみました。

▼上記、給付条件におけるメディフィットPlusの具体的な内容はこちら

30万円コースで2年に1回手術時に入院と仮定して試算。

ガン一時給付金:30万円(悪性新生物&上皮内新生物診断時に、1年に1回を限度とし回数無制限で保障されます。尚、2回目以降は入院が条件です。)

メディフィットPlusの特徴やメリット

がんを含む8大疾病に対応している

メディケア生命のガン保険「メディフィットplus」の特約は、基本保障に、特約を組み合わせて入ることのできる保険です。

「メディフィットplus」の基本保障は、診断給付金のみですが、誰もがかかりやすいと言われている、8大疾病に幅広く対応しています。診断給付金の使い道は自由ですが、先進医療などには対応していませんので、心配な方は特約を選ぶことをオススメします。

万が一に備える基本保障

メディケア生命のガン保険「メディフィットplus」の基本保障は、幅広く保障してくれます。その保障範囲はとても広く、がんを含む(心疾患、脳血管疾患、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎、糖尿病、高血圧性疾患)8大疾病までも対応しています。がんのみに対応しているがん保険が多い中、幅広く対応してくれる保険はいざという時の安心感ともいえるでしょう。そして、保障額は10万円から100万円まで設定可能です。広く浅くと考えている方は、10万円で全て設定するなど自由に選ぶことができます。

心配な部分は特約で備える

メディケア生命のガン保険「メディフィットplus」の基本保障はガンを含む8大疾病保障といって、大変保障の範囲が大変広いです。しかし、高額になりがちな先進医療などには対応していませんので、その辺が心配な方は特約で備える方法があります。基本保障の部分では、回数無制限で保障してくれる疾病もありますので、基本保障では広く浅く加入して、先進医療特約をつけるという方法も考えられます。また、がんを含む3大疾病にかかった場合は、保険料を払わずに保障を受け取れる、保険料払込特約もありますので、そちらも上手に利用して、納得のいく保険選びをすることができる保険といえるでしょう。

メディフィットPlusのよくある質問

Q. 保険料の支払い期間は自分で設定できる?

保険料の支払う期間の設定は自由ではありませんが、終身払いと期間を定めた支払いから選べます。また期間を定めたタイプでは60歳から80歳までの間で5年ごとに定めることが可能です。

Q. 掛け捨てタイプの保険なの?

終身払い以外で支払い期間が過ぎて支払いが完了しちえる場合には、基本給付額の1割分が返戻金として戻ってきます。保険料を抑えているプランのため、それ以外のケースでは解約返戻金が設定されていません。

Q. 上皮内新生物でも保障される?

上皮内新生物と診断されて場合にも保障対象に含まれます。がんと診断されたときに受け取れる一時給付金の金額や1年に1回を超えなければ何度でも受け取れるという設定で、先進医療による給付金も同様です。

Q. 何歳までが保障対象となる?

加入には年齢制限がありますが保険期間は終身として設定されています。また急性心筋梗塞、がん、脳卒中と診断された場合には保険料の免除となる特約もありますが、この適用期間は保険料支払い期間までです。

Q. 契約者が死亡したときには保障がある?

メディフィットPlusでは死亡時の給付金などは設定されていません。ただし保険料の支払い期間を設定しているタイプで支払いが完了しているときに死亡となってしまった場合には基本給付額の1割が支払われます。

メディフィットPlusの基本保障と特約

がん一時給付金 30万円~(10万円単位で最高100万円まで増額可能)
(悪性新生物&上皮内新生物と診断された時に、治療入院時に支払われます。1年に1回限度に回数無制限で保障。)
心疾患給付金 30万円~(10万円単位で最高100万円まで増額可能)
(1年に1回限度に回数無制限で保障。)
脳血管疾患一時給付金 30万円~(10万円単位で最高100万円まで増額可能)
(1年に1回限度に回数無制限で保障。)
慢性腎不全一時給付金 30万円~(10万円単位で最高100万円まで増額可能)
(1年に1回限度に通算5回まで保障。)
肝硬変一時給付金 30万円~(10万円単位で最高100万円まで増額可能)
(1年に1回限度に通算5回まで保障。)
慢性膵炎一時給付金 30万円~(10万円単位で最高100万円まで増額可能)
(1年に1回限度に通算5回まで保障。)
糖尿病一時金 30万円~(10万円単位で最高100万円まで増額可能)
(1年に1回限度に通算5回まで保障。)
高血圧性疾患一時給付金 30万円~(10万円単位で最高100万円まで増額可能)
(1年に1回限度に通算5回まで保障。)
先進医療特約 先進医療による自己負担額と先進医療一時金の5万円を保障。(通算2,000万円を限度。)
3大疾病保険料払込免除特約 がん・急性心筋梗塞・脳卒中になり所定事項に該当した場合は、以降の保険料が発生しません。

※保障額については公式サイトに記載がなく、コールセンターで調査した内容になります。詳細は窓口またはお電話でご確認ください。

相性の良い保険商品

メディケア生命の「メディフィットPlus」は、がんを含む8大疾病に対して一時金で保障してくれ、その一時金は自分で金額を設定できるがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」との組み合わせがおすすめです。

チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」は、7大疾病の入院が無制限で保障されていて、必要な保障や保険料に合わせて、自由にカスタマイズできるのが特徴です。35歳男性の場合、入院日額5,000円、三大疾病払込免除特約をつけると、保険料は1,110円です。入院日額10,000円、退院後の通院日額5,000円、三大疾病払込免除特約をつけると、2,305円の保険料になります。

すでに、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」に加入されている方にとっては、メディケア生命の「メディフィットPlus」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、メディケア生命の「メディフィットPlus」と最低限の保障から充実の保障まである医療保険がおすすめです

病気の治療による収入減の不安には、ストレス疾患にも対応しているチューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」もあります。 

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。