メディケア生命とはどんな会社?

メディケア生命保険株式は、最近の多様化する保険販売のスタイルに注目し、2010年4月に誕生した住友生命グループの新しい保険会社です。

こちらの保険会社の販売方法は従来とは異なり、来店型の保険ショップ、インターネットによる保険サイト、通信販売など、これまでの保険の販売方法ではなく、契約者が自分で選ぶスタイルが主流となっています。そのため保険の内容に詳しくない方でも大変わかりやすく、シンプルな内容の保険が多くなっています。

また、新しく誕生した保険会社ですと、色々と不安な面もありますが、こちらはバックボーンが大手生命保険の住友生命ブループということもあり、とても安心感のある生命保険会社といえるでしょう。

ここ最近では、2019年9月に医療終身保険の給付金額の取り扱い範囲を拡大すると発表がありました。がん保険「メディフィットPlus」においては今回は対象外となりますが、医療終身保険の「メディフィットEX」「メディフィットA」「メディフィット リターン」が対象となっており、治療給付金の最低額の引き下げや、入院一時給付特約の最高額が引き上げられました。
多様化するニーズに合わせて保険を販売している点も、メディケア生命ならではと言えるでしょう。

会社名 メディケア生命保険株式会社
住所 東京都江東区深川1-11-12 住友生命清澄パークビル
設立 2009年10月1日
資本金 800億円(内資本準備金400億円)

メディケア生命の保険を紹介

メディケア生命のがん保険「メディフィットPlus」ってどんな保険?

メディケア生命のがん保険「メディフィットPlus」は、数あるがん保険の中でも、かなり優秀な保険です。まず、なんといっても、がんを含む8大疾病にも対応しているのが特徴です。一時給付金は同一種類の場合は1年に1回のみの受け取りですが、疾病が異なった場合は1年以内でもそれぞれ複数回給付されます。基本給付金の他に、初回上乗せ給付金を付与することができ、初回に診断された場合は2回目以降よりも多く受け取れます。

また、がんなどの3大疾病になると、保険料の払い込みが免除されるというのも見逃せません。これひとつでもかなり手厚い保険なので、他の保険に入っていないという方にお勧めの保険です。

メディフィットPlusの詳細を見る

メディケア生命保険の注目保険「メディフットA」を紹介

メディフィットAは、低価格でがんの保障や病気&ケガでの入院や手術など、多くの治療がトータルに受けられる生命保険です。

とくに注目なのが、高額であると言われている放射線治療や骨髄移植術の保障が、一生涯続く点にあります。また、3大疾病特則や7大生活習慣病特則をつけている場合は、がんを含む3大疾病や7大生活習慣病で入院した場合の保障を支払日数無制限で保障してくれます。

メディフットAはガンだけでなく、日本人がかかりやすいと言われている3大疾病や7大生活習慣病までも、手厚く保障してくれる頼もしい生命保険といえるでしょう。

メディケア生命の採用方針

がん保険を選ぶときにはその保険内容はもちろんですが、「なにかあったときに相談するスタッフの対応は大丈夫?」というのも気になるポイントのひとつ。営業マンなどの人物像は会社がどんな人物を中心に採用しているのかという点からよみとることができます。メディケア生命の採用方針をみてみましょう。

メディケア生命が採用する際に求めている人物像はいくつかの項目がありますが、そのなかで営業担当者が関連すると思われる点に「顧客の立場になって考えることのできる人」というのがあります。会社目線で考えるのではなく、どうすれば契約者に満足してもらえるのか求めている内容を把握して考えられるスタッフが揃っているということです。契約者の気持ちを汲み取ってくれるので対応する際に嫌な気分になることもありません。

他にも常に知識の向上に務めることも求められているので、保険内容を問い合わせてわからないといった回答ばかりになることもないでしょう。こんなタイプの保険がないかなど、サービス内容で気になる部分も相談することで解決できるかもしれません。

上司からの指示で動くだけではなく自分で考えて行動できる人物であることも盛り込まれているので、万が一わからないことがあってもすぐに確認するなど解決につながるように動いてくれることも期待できます。自分で考えて解決に向かって動く担当者が対応してくれるのであれば、契約者としてもなにかあったときにすぐ問い合わせしやすいです。