こだわりガン保険の特徴・メリット

世界各国で事業展開をしている、マニュライフ生命、顧客サービスや保険の安定性ともに、業界トップクラスの保険会社です。マニュライフ生命のガン保険「こだわりガン保険」について、サービス内容などを紹介していきます。

マニュライフ生命のこだわりガン保険の給付金・保険料は?

保険名 マニュライフ生命こだわりガン保険 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 8,250,000円 36,200,000円
月々の保険料 4,350円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる保険料を算出してみました。

▼上記、給付条件におけるこだわりガン保険の具体的な内容はこちら

契約前1年以内に、非喫煙者として試算

悪性新生物診断給付金:100万円(2年に1回、回数制限なし)、ガン手術・放射線治療特約:月ごとに5万円~30万円(5万円単位、60日に1度)、抗ガン剤治療給付金:月ごとに5万円~30万円(5万円単位、通算60回まで)

こだわりガン保険の特徴やメリット

基本保障+特約で自分好みの保険にカスタマイズ可能

マニュライフ生命のがん保険「こだわりガン保険」の特約は、基本保障に、ケースに応じて色々な、特約を組み合わせて入ることのできる保険です。特約は給付金額も細かく設定できるため、細かくカスタマイズしたい方向けの保険とも言えます。
基本保障は診断給付金のみで、診断された時に大きく保障をしてくれる、非常にシンプルな保険です。診断給付金の使い道は自由ですが、入院や手術には対応していませんので、心配な方は特約をチョイスして、選ぶことをオススメします。

シンプルで手厚い基本保障

マニュライフ生命のがん保険「こだわりガン保険」の基本保障は、ガンに対して非常にシンプルで手厚いのが特徴です。悪性新生物と診断された時は、2年に一回の割合になりますが、回数無制限で一時金が保障されます。また、上皮内新生物の時は、半額の金額になりますが、こちらも2年の一度の割合いなりますが、回数無制限で一時金が保障されます。また、白血病などの重度のガンの場合は、初回のみ一時金が保障され、重度のガンと診断されてから、5年間生存した場合は、生存給付金が一回のみ保障されます。一時金の使い道は自由ですので、手術や通院、入院などは、他の保険ですでに入っている方は、これだけでも充分といえるでしょう。

豊富な種類の特約

マニュライフ生命のがん保険「こだわりガン保険」の特約は、豊富な種類が用意してあります。現在はかなり多くの方が、他の生命保険に加入している確率が高いため、保障が重複する可能性が高くなります。そういった場合に、必要な保障を必要なだけ、特約で入ることができるのがこちらのガン保険の特徴といえるでしょう。高額になりがちな先進医療などを、こちらの特約で用意するといった方法が望ましいでしょう。また、こちらの支払い規程のガンになってしまった場合に、以降の払い込みが免除される、悪性新生物保険料払込免除特約も見逃せません。

こだわりがん保険のよくある質問

Q.解約した際の返戻金はある?

こだわりがん保険では保険料の支払い期間が終了し、すべて支払い済みの場合に限っては悪性新生物診断給付金額の1割に相当する解約返戻金が設定されています。その他は主契約と特約のどちらとも、解約返戻金は支払われません。

Q.重度ステージの給付金とは?

重度ステージの給付金はがんと診断された場合にその進行度合いがステージ3、4であったときや特定がんと定めている内容と同様の診断であった場合に、さらにがん診断給付金額と同じ金額が加算されるというものです。

Q.契約可能な年齢は何歳から何歳まで?

基本的に契約できるのは満年齢で20歳から80歳です。非喫煙者利率という保険料支払いの設定もあり、これは0歳から加入できます。保険料の支払い期間や申込みできる特約の種類は加入年齢により異なります。

Q.付帯されるサービスはある?

ティ-ペック社の健康相談できるサービスが付帯されます。がん以外も含めた体に関連する内容を相談できるもので、メンタルケア支援やセカンドオピニオンを受けられる相談窓口が用意されており、全部で5種類です。

Q.保険料の支払い期間はどのようになっている?

こだわりがん保険の支払い期間は終身払いと短期設定の2種類が用意されています。短期期間設定のタイプでは10年間と、60歳から70歳まで5年ごとから選べる計4種類です。

こだわりガン保険の基本保障と特約

悪性新生物診断給付金 100万円
(悪性新生物と初めて診断された時に、治療のために、入院&通院した時に支払われます。2年に1回限度に回数無制限で保障)
悪性新生物診断給付金(重度ステージ診断確定時) 100万円
(悪性新生物が重度の時、または、白血病などの特定ガンと診断された時に、悪性新生物給付金に上乗せされた形で、1回のみ支給されます。)
上皮内新生物診断給付金 50万円(100万円コースの場合)
(上皮内新生物と初めて診断された時に、治療のために、入院&通院した時に支払われます。2年に1回限度に回数無制限で保障)
ガン克服サポート給付金 50万円(100万円コースの場合)
(悪性新生物が重度の時、または、白血病などの特定ガンと診断されてから、5年生存している時1回を限度に支払われます。)
ガン入院特約 1日5,000円~20,000円(1,000円単位)
(悪性新生物または上皮内新生物の時に、治療入院した場合に支払日無制限で保障されます。)
ガン通院特約 1日5,000円~20,000円(1,000円単位)
(ガンで入院し退院後、1年以内の通院治療で60日間を限度として、通算無制限で保障されます。)
ガン手術・放射線治療給付金 1回5万円~30万円(5万円単位)
(悪性新生物または上皮内新生物の時に、手術や放射線治療をした場合に60日を1回を限度に保障されます。)
抗がん剤治療給付金 月5万円~30万円(5万円単位)
(悪性新生物または上皮内新生物の時に、抗がん剤を治療をした場合に、60回を限度に保障されます。)
ガン緩和療養給付金 月5万円~30万円(5万円単位)
(悪性新生物または上皮内新生物の時に、ガン緩和ケアうけた場合に12回を限度に保障されます。)
ガン先進医療給付金 先進医療にかかった額(通算で2,000万円まで)
ガン先進医療見舞給付金 1回5万円まで

※公式サイトでは7つの特約セット物しか算出されなかったため、コールセンターに電話調査をしましたが繋がらなかった為、特約は7つセットなのか?個別で選べるのか?については、窓口またはお電話でご確認ください。

相性の良い保険商品

マニュライフ生命の「こだわりガン保険」は、進行していくがんの膨らんでいく治療費に備えるための、日本初「ステージ別保障」のがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」との組み合わせがおすすめです。

チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」は、7大疾病の入院が無制限で保障されていて、必要な保障や保険料に合わせて、自由にカスタマイズできるのが特徴です。35歳男性の場合、入院日額5,000円、三大疾病払込免除特約をつけると、保険料は1,110円です。入院日額10,000円、退院後の通院日額5,000円、三大疾病払込免除特約をつけると、2,305円の保険料になります。

すでに、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」に加入されている方にとっては、マニュライフ生命の「こだわりガン保険」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、マニュライフ生命「こだわりガン保険」と最低限の保障から充実の保障まである医療保険がおすすめです。

病気の治療による収入減の不安には、ストレス疾患にも対応しているチューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」もあります。 

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。