ライフネット生命とはどんな会社?

ライフネット生命は、保険外交員や支店を持たず、ネット上のみで見積もりから申し込みまでできる保険会社です。内外の保険会社を親会社としない独立系生保会社としては戦後初の会社です。

日本国内で初めて、保険会社の利益となる「付加保険料」と、原価部分である「純保険料」の比率を開示した企業としても話題になりました。開業は2008年で、2011年保有契約件数10万件を突破しています。2012年死亡保険の保有契約高1兆円を突破するなど業績を伸ばし、2012年3月には東証マザーズへ上場した実績もあります。

「スマートフォンで申し込めるわかりやすさ」にこだわった死亡保険、医療保険、がん保険、就業不能保険の4つの商品と、サービスを提供しています。

2019年9月に、Youtube広告で集客を実現した動画マーケティングのインタビュー記事が話題になりました。
ライフネット生命では、かつてWeb動画施策としてTVCMをそのまま転用してYoutubeで流したところ、まったく手ごたえナシ。
そこでターゲットとなる20~30代に向けて、24パターンの動画を作成。TVとは違い、リタゲやリマケを活用し、その結果保険加入意向が194%、かつCPA48%という好成績が得られたようです。(気になる方は、ぜひインタビュー記事をご覧ください。)
ネット保険企業ならではの取り組みで、ライフネット生命がネットに強い理由に納得がいきますね。

参照サイト:Web担当者Forum「YouTube広告のみで、認知2倍、CPA1/2に! ライフネット生命の動画マーケティングノウハウを公開」
https://webtan.impress.co.jp/e/2019/09/12/33743

会社名 ライフネット生命保険株式会社
住所 東京都千代田区麹町2-14-2麹町NKビル
設立 2006年
資本金 209億6,360万円

ライフネット生命の保険を紹介

がん保険「ダブルエール」ってどんな保険?

3つのプランから基本保障を選ぶことができる、終身型のがん保険です。

診断一時金のみのプラン、治療給付金を加えたプラン、がん治療中の収入をサポートする給付金も加えた3つのプランから、ニーズに合った保障を選べます。治療サポート給付金は、がんの三大治療(手術、抗がん剤治療、放射線治療)による入院・通院が対象で、月1回10万円、回数無制限で受け取り可能。がん収入サポート給付金は、がんと診断された翌年から、生存を条件に毎年最大5回まで受け取り可能です。

ダブルエールの詳細を見る

ライフネット生命の注目保険「新じぶんへの保険」を紹介

日帰り入院から長期入院、入院を伴う手術を一生涯カバーしてくれる終身型の医療保険です。保険料を抑えた「エコノミーコース」と、がん・三大生活習慣病・先進医療への保障をプラスしたおすすめコース」の2種類から選ぶことができます。どちらも日帰り入院から保障、5日以内の入院なら5日分の入院給付金を一時金で支払い。おすすめコースでは、3大生活習慣病の入院給付金の支払い限度日数が無制限となっており、短期でも長期でも入院の保障が充実しています。

ライフネット生命の採用方針

ライフネット生命の採用方針は、「個性の尊重」です。人手不足が顕著な現代社会は売り手市場が形成されています。ライフネット生命ではその点を意識しているのはもちろんのこと、そういうった人材市場を抜きに、自分自身の個性をとの考えが強いです。会社の枠にハメようとするのではなく、それぞれの個性で会社の枠を良い意味で打破してもらいたいとの理念を持っています。

顕著な例が、選考に関しては会社側が一方的に質問するだけではなく、双方の意思疎通の場と考えているので、お互いが本音で向き合えるような環境づくりを心掛けています。

その一方で、ライフネット生命では数字・ファクト・ロジックを求めています。個性を尊重する一方で、保険会社として、多くの社員が働く場として論理的思考ができるのかを問うために、課題を出しています。

例えばですが「令和の時代にはどのようなイノベーションが生まれるのか」「私の正直さ、私が応援される理由、私の弱さ」をそれぞれ表現するなど、試験とは違う、「個性」を見るための課題が用意されています。

もちろんどのように答えるのも自由です。正解を求めているのではなく、どのような答えを用意しているのか個性の部分を求めています。このように、ライフネット生命では個人の個性を尊重してくれる一方で、決して「どんな個性でも尊重する」のではなく、ライフネット生命の求める方向性に合致した個性の持ち主を尊重する環境となっています。