がん保険 ダブルエールの特徴・メリット

割安な保険料と幅広い保障で人気の「ダブルエール」。長引く治療と収入減にも備えられるがん保険として、雑誌の保険ランキングでも高く評価されています。特徴・メリットをまとめました。

ライフネット生命のダブルエールの給付金・保険料は?

保険名 ライフネット生命ダブルエール 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 13,000,000円 36,200,000円
月々の保険料 2,763円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼上記、給付条件におけるダブルエールの具体的な内容はこちら

がん診断一時金100万円(初回のみ)、上皮内新生物診断一時金50万円(初回のみ)、治療サポート給付金10万円/月、がん先進医療給付金

ダブルエールの特徴やメリット

長期の治療にも充実の保障

ダブルエールには、シンプル・ベーシック・プレミアムと、3つのタイプから選べる保険です。
診断一時金が主契約となっていて、シンプルよりベーシック、ベーシックよりプレミアムが、より多くの保障がつきます。

最も注目すべきは、治療サポート給付金。がんの三大治療と言われる手術、抗がん剤治療、放射線治療による入院・通院をすると月1回10万円がもらえます。回数無制限なので、長期の治療にも対応できます。

また、がんと診断された際に、100万円~300万円の一時金がもらえます。上皮内がんも50%を保障してくれます。こちらは年に1回、通算5回までもらうことができます。

がんにかかった後の収入減もサポート

がんと診断された翌年から、生存を条件に毎年最大5回まで受け取れる、収入サポート給付金が付与できます。がん診断一時金の半額が給付されるオプションで、プレミアムタイプのみこの保障がついています。

がん治療による休職や時短勤務等などは20~40代が多いと言われており、この保障があれば、急な収入減少にも備えることができます。

がん生活サポートサービスで日常生活を応援

「ダブルエール」という名前の通り、がんにかかった後の生活も応援してくれる「がん生活サポートサービス」。家事代行やサポートタクシー、外見ケアなど、がんにかかった後に便利なサービスを紹介してくれます。

FPがチェック!ダブルエールのポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

ニーズに合わせて3つのプランが選べる

がん診断一時金のみの「シンプル」プランから治療給付金を追加した「ベーシック」、さらにがん収入サポート給付金が付いた「プレミアム」まで、幅広いニーズに対応できる3つのプランが用意されています。さまざまな特約を自身で選ぶのが難しいと考える方には、大変わかりやすい商品です。

がん診断されるとその後の保険料は不要

がんと診断されると、最高300万円のがん診断一時金が支払われ、保障は変わらないまま、その後の保険料の払込は免除になります。保険料免除の特約を付けるがん保険もありますが、この保険は基本契約として含まれています。がん診断一時金は、上皮内がんと診断されても、がん診断一時金の50%を受け取ることができます。

治療と収入のダブルサポート

入院・通院にかかわらず、手術・放射線・抗がん剤の治療を受けると、治療サポート給付金が毎月10万円無制限で支給されます。また、がん診断一時金の50%が1年に1回、収入サポート給付金として支払われますので、働けない時の収入減にも対応できます。

がん保険 ダブルエールのよくある質問

Q.がん保険の保障開始はいつから始まる?

申し込み日を含めて91日目が保険の責任開始日となるため、この日以降にがんと診断された場合に保障されます。責任開始日以前に診断された場合には給付金の支払いの対象外です。

Q.上皮内新生物の場合は保障対象?

シンプル、ベーシック、プレミアムのどのタイプであっても悪性新生物ではなく上皮内新生物の場合も診断一時金として給付金支払いの対象です。ただしいずれもがん診断の半額と設定されています。

Q.保険料の払込免除制度はある?

責任開始日以降にがんと診断された場合、その後の払込は免除されます。そのためそれ以降は保険代を支払う必要がありません。ただし上皮内新生物として診断された場合には免除対象外です。

Q.通院、入院の保障はある?

通院や入院することになった場合の日数や回数などによる保障はありません。ですが治療内容によっては治療サポート給付金として月1回10万円を受け取ることができ、給付の回数制限は設定されていないです。

Q.治療を受けることでの給付金はある?

治療サポートとしてがんの治療に対する給付金は3種類用意されており、通院と入院どちらでも給付対象となります。手術、放射線治療、抗がん剤治療やホルモン療法ががん治療を目的としておこなわれれば給付対象の治療です。

ダブルエールの主契約と特約

ライフネット生命の請求資料
ライフネット生命で請求したパンフレットたち
がん診断一時金 100万円~300万円(1回限り)
上皮内悪性新生物診断一時金 がん診断一時金×50%(1回限り)
治療サポート給付金 1ヶ月に1回10万円(回数制限なし)
がん収入サポート給付金 がん診断一時金×50%(年に1回、5回まで)[プレミアムタイプのみ]
がん先進医療給付金 通算2000万円(先進医療に関わる技術料の自己負担と同額)

相性の良い保険商品

ライフネット生命の「ダブルエール」は、長引くがんの治療を幅広く保障し、さらに治療の際の収入減にまで備えることができるがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、同じライフネット生命の「終身医療保険じぶんへの保険3」との組み合わせがおすすめです。

ライフネット生命の「終身医療保険じぶんへの保険3」は、保険料を抑えた「エコノミーコース」とがんや先進医療の吠保障がついた「おすすめコース」の2つのプランが用意されていて、5日以内の入院でも一律5日分の保障がついています。35歳男性の場合、入院日額5,000円の保障で、保険料は1,826円です。入院日額10,000円だと3,653円になります。

すでに、ライフネット生命の「終身医療保険じぶんへの保険3」に加入されている方にとっては、ライフネット生命の「ダブルエール」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、ライフネット生命の「ダブルエール」と最低限の保障から充実の保障まである医療保険がおすすめです

病気の治療による収入減の不安には、就業不能保険「働く人への保険2」のラインナップがあります。

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。

ダブルエールの各種手続き

保険料見積もり

保険料の見積もりをする際は、まず生年月日や性別を入力します。続いて希望する保険商品を選択。複数の保険商品が並んでいますので、がん保険を選びましょう。ほかの保険が気になる場合、同時に選択しても問題ありません。選択する項目は以上です。

次の画面に行くと、すでに保険料が表示されます。表示された画面をとおして、保険の特長や保障内容の詳細を見ることが可能。保険の内容や保険料に納得できたら、そのまま保険の申し込みへ進めます。

申し込む前にもう少し検討したい場合、見積もりの結果を送ってもらうのがおすすめです。書類として送付してもらったり、メールで添付してもらったりできます。パンフレットなどと一緒に送ってもらうことも可能です。

資料請求

資料請求で送ってもらえるのは、総合パンフレットやおすすめの加入例、保険料の早見表です。家や職場でじっくり保険の内容をチェックできます。

資料を送ってもらうためにいくつかの情報を入力します。最初に入力するのが氏名や性別、生年月日です。氏名はカタカナでも入力。続いて住所や電話番号、メールアドレスも入力します。郵便番号で住所名を検索できるので便利です。

ほかにも家族構成や就業状況も入力する必要があります。子どもがいるかどうかや働き方の形態などを答えましょう。保険に入りたい思う動機や予定している加入時期も任意で選びます。入力内容を最後に確認し、問題がなければ資料請求を確定させましょう。

ネット申込

ネットでダブルエールを申し込む場合、ステップが5つに分かれています。最初のステップは個人情報の入力です。氏名や生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレスなどを入力。個人情報を入力するときにライフネット生命のIDが発行されます。パスワードも決める必要がありますので、独自のパスワードを入力しましょう。

次のステップでは保険内容を確認します。申し込むプランがダブルエールで間違っていないか、保障内容が希望どおりになっているかがチェックポイントです。保険会社が給付金を支払えない場合の条件についても書かれています。細かい点もすべてチェックしましょう。

3番目のステップは告知入力です。現在の健康状況や職業、年収などを入力します。これらの内容は申し込み後に保険会社が審査する内容です。正直に入力しないと、後々トラブルにつながるかもしれません。

4番目のステップでは、保険料の支払い方法や保険金を受け取る人を決めます。保険料の支払い方法はクレジットカードか口座振替です。手元にカードや通帳を用意しておくといいでしょう。

すべて入力したら、申込内容を再度確認します。5番目のステップです。問題がなければ申し込みを確定しましょう。申し込み完了後に免許証などの本人確認書類や健康診断の結果を送付することもあります。審査の結果が出るタイミングは人によって異なりますので注意してください。