終身がん保険とは

ここでは、終身がん保険について詳しく解説しています。定期がん保険とのちがいや終身がん保険のメリット・デメリットをまとめたので参考にしてください。

終身がん保険とは

終身がん保険のアイキャッチ画像

がん保険を契約している間、生涯にわたって保障が続くタイプのがん保険のことを、終身がん保険といいます。

終身がん保険には2通りの支払い方法があり、生きている限り保険料を支払い続ける保険を「終身払い」、60歳など一定の年齢までに払い込みが終了する保険を「短期払い」といいます。

定期がん保険とのちがい

がん保険には保険をかける期間があり、「終身型」と「定期型」に分かれます。定期がん保険は保険会社によって若干のちがいはあるものの、終身がん保険と同じように診断給付金や入院・手術給付金を受け取れます。

終身がん保険との大きなちがいは、保障される期間です。定期型は10年、20年など、保障される期間が決まっています。

また、定期がん保険は、保険会社が定める年齢まで自動更新されるほか、年齢が上がるにつれ更新のたびに保険料が上がっていきます。終身がん保険は年齢にかかわらず保険料は一定で、将来的に保険料が上がることはありません。定年までの保障で良い、子供が独立するまでの保障で良いという方には定期がん保険が向いていますが、生涯にわたって保障を受けたいという方には向いていません。

終身がん保険のメリット

終身がん保険は、生きている間、いつがんになっても保障を受けられます。「若いころや働き盛りのときは健康だったが、老後にがんになってしまった」というときに安心です。若いうちに契約しておけば、安い保険料のまま加入できます。また、支払い方法を選択できる点でも保険料を計画的に支払いやすいでしょう。

このとき、終身払いと短期払いのどちらを選択しても払い込み期間中の保険料は変わりません。老後に保険料が支払えるかが心配という場合には、短期払いを選択しておけば、定年までに払い込みを完了しておくこともできます。

終身がん保険のデメリット

同じ加入年齢で定期がん保険と比べたとき、終身がん保険のほうが毎月の保険料は高くなります。若いときに加入しようと考えたとき、高いと感じてしまうかもしれません。

また、今後新しい治療方法が出てきた場合、それに応じた保障内容の保険に更新することができません。将来、最新の治療法を選ぶと、給付金が支払われない可能性があるのです。加入からしばらく経って、「新しい保障を追加したい」「保険を見直したい」と一度解約してしまうと、今まで支払っていた保険料が無駄になってしまう恐れがあります。終身がん保険は、解約返戻金のない商品が主流。解約しても支払った保険料は保証されないことがほとんどです。解約して再加入しようとしたとき、年齢が上がっている分、思っていたよりも保険料が高くなってしまいます。

終身がん保険を選ぶポイント

終身がん保険は保険料が安い分、一度加入すると見直しにくい仕組みになっています。加入を後悔してしまわないためにも、保険料の安さだけではなく保障内容をしっかりと確認しておくことが必要です。

保障の範囲をチェック

がんと診断された際の保障の範囲がどうなっているかしっかりチェックしておきましょう。例えば、がんが「悪性新生物」ではなく比較的完治しやすいとされる「上皮内新生物」と診断された場合、支払い制限がつくことがあるので注意が必要です。保険会社や商品によっては、上皮内新生物だと満額の診断給付金を受け取れない制限を設けていることがあるのです。

また、商品によっては診断給付金そのものを支給しないものもあります。たとえ上皮内新生物であっても入院や手術が必要になるかもしれないのですから、診断給付金がしっかりと支払われるがん保険かをチェックしましょう。

すべての保障が生涯続くか確認

終身がん保険は、「加入したらすべての保障が一生ついている」というわけではありあせん。商品によっては、一定の治療保障に更新が必要なものもあるのです。先進医療や抗がん剤治療が特約扱いになっており、一定の年齢以上では更新できないようになっているものもあります。高齢になったときに高度ながん治療を受けようとしても、保障がなくなっていることもあるのです。どの保障が特約扱いで何歳まで保障が続くのか、契約前に確認しておきましょう。

給付金の条件や回数に注意

がんと診断されたら受け取れる診断給付金。商品によっては診断給付金に支払い条件や回数の上限がついていることもあります。診断給付金が1回のみ支給の商品の場合、診断給付金を受け取って治療した後、将来、再びがんになってしまっても2回目以降は給付金を受け取れないため注意が必要です。

また、複数回受け取れる保障内容のなかにも、「1回目の受け取りから2年経過した後ならOK」「上皮内新生物の場合は給付金額の10%しか受け取れない」など、細かい支払い条件がついているものがあります。しっかりとチェックして保障内容を理解しておきましょう。

加入後も定期的な見直しを

終身がん保険は加入したときの保障がそのまま継続するため、年数が経つと最先端の治療法や時代に沿わない保障内容になってしまうことがあります。

自分のがん保険の保障内容が古くなったと感じたら、最新の治療法が保障されるがん保険があるか、足りない部分を特約で補えるかなどを調べておくことをおすすめします。

一生続くから、定額だから安心と放っておかず、加入後も定期的に保障内容を見直しましょう。