がん保険の加入条件とは?

がん保険への加入を考えている、見直しを検討している方が知っておきたいポイントのひとつ「がん保険の加入条件」について詳しく解説します。万が一がんになってしまったとき、スムーズに給付金を受け取るためにもチェックしておきましょう。

最大のポイントはがんの病歴

がんの加入条件のアイキャッチ画像

がん保険は「がんと診断されたときの保障」です。したがって、がん保険に加入できるかどうかは、現在がんにかかっているか、過去にがんと診断されたことがあるかが大きなポイントとなります。がん保険に加入するためには、がんの罹患歴の有無を証明するために、いくつかの手続きを踏まなくてはなりません。

告知書に回答する

がん保険に加入する際、保険会社は、がんが理由で保険金が支払われる可能性がどの程度あるかを調査します。契約者は、申し込み時に保険会社へ健康状態や既往歴などを知らせる「告知書」に回答しなくてはなりません。

告知内容は保険会社によって異なりますが、大まかに「現在がんになっているか」「がんを経験したことがあるか」「がんになるリスクが高い病気になったことがあるか」というポイントを申告し、保険会社に加入できるかの判断を仰ぎます。これまでがんになったことがない健康な方はもちろん加入できますし、持病があっても、がんに関連性がないと判断されれば問題なく加入できます。

医師の診査が必要なことも

保険会社によって、また保障内容や年齢によっては、医師の診査や健康診断書などの提出が必要になることがあります。とくに保障の大きな保険に加入した場合には求められることが多いでしょう。審査や健康診断書を作成する際は、医師の診察や保健師の資格を持っている人の面談を受ける必要があります。その情報をもとに診査を行い、加入できるかを判断します。

保障の大きな保険は、契約者の公平性を保つために必要とされており、これを断るとその保障内容では保険に加入することができません。自分が加入しようとしているがん保険には医師の診査や健康診断書が必要か、不要かを事前に確認しましょう。

がんになった後も加入できる保険がある

基本的にがんに罹患した経験のある方はがん保険に入れないといわれていますが、保険会社によっては、現在がんを治療している方も保険に加入できる商品があります。がんの程度や現在の状況によって異なりますが、主にがん保険ではなく死亡保障がついた生命保険となります。あくまでも入院給付金ではなく、もしものことがあったときに遺族が給付金を受け取れるという保険です。

また、保険会社や商品によって、がんの種類に限りがあります。保険を検討したけれど、がんを理由に保険に入れなかった方、数年前に治療してがんが完治したという方は、がんでも入れる保険を調べてみると良いでしょう。

がんになっても給付金が受け取れない場合も

がん保険に入って毎月保険料を支払っていたのに、いざがんと診断されても給付が認められないことがあります。がんになっても給付金が受け取れないのは、どのようなケースでしょうか?

免責期間

保険会社が「保障をしない」期間のことで、契約時に決まっています。保険会社によっては「待ち期間」「待機期間」と呼ぶこともあるようです。この期間にがんになってしまったり入院してしまったりしても、保険金は支払われません。中には免責期間が設けられていない保険もありますが、基本的に90日~3か月間の免責期間が設けられています。免責期間が満了した翌日からが保障のスタートとなり、がんの保障を受けられるようになります。

ひとつ注意しておかなくてはならないのは、保険を乗り替えるとき。新しい保険に免責期間が定められていると、同じ保障内容で加入したとしても免責期間中は保障を受けられなくなります。新しい保険の免責期間が満了したあとに前の保険を解約するなど、保障が途切れないための工夫が必要です。

告知義務違反

告知の際に事実と異なる病歴を知らせたり、通院歴を伝えなかったりした場合に「告知義務違反」とみなされ、保障が受けられなくなります。その上、保険会社は一方的に契約を解除できるため、原則として契約は白紙になり、給付金や保険金は受け取れません。そればかりか故意に告知しなかったとみなされると、詐欺罪として告訴されることもあります。過去の既往歴や通院歴は必ず正直に伝えましょう。

保険は加入者から集められた保険料によって運営されており、お互いが助け合う相互扶助のもと成り立っています。故意でなくても、告知と給付新生児の既往歴が異なっていると違反とみなされてしまう可能性もあるので、契約時には間違いがないよう十分に確認しましょう。

上皮内新生物

がんは一般的に「悪性新生物」と診断されますが、中には「上皮内新生物」と診断される場合があります。これはがん細胞が臓器の表面「上皮」という部分でとどまっている状態で、手術をすれば完治する可能性が高く、転移することが少ないと言われています。この上皮内新生物の取り扱いは各保険の保障内容によって異なります。

給付金の対象外になっていたり、対象となっていても一般的ながんに比べて給付金額が低めに設定されていたりすることがあるのです。契約前に、上皮内新生物が保障の対象になっているかチェックしておきましょう。

結論

がん保険の加入条件は、保険会社や商品により異なるもの。条件は多岐にわたるので、今の自分の健康状態で加入できるかどうか、しっかりと確認しながら検討する必要があります。保険会社のホームページには、加入条件が分かりやすく記載されていることも多いので、しっかりとチェックしてください。

持病や既往歴のある方、がんを治療した経験のある方にとっては、申し込みまでがやや複雑かもしれません。保険に詳しい専門家のいる窓口や各保険会社のコールセンターなど、電話での問合せで詳しく話を聞きながら検討することをおすすめします。