子宮頸がん

子宮頸がんは女性のがんであり、治療費はがん保険支払いの対象となります。ところが場合によっては支払い対象外になることもあるため、契約内容などに注意が必要です。子宮頸がんの医療費や保険が支払われないケースについて紹介します。

子宮頸がんの主な治療方法と医療費

子宮頸がん

子宮頸がんは、主に手術、放射線治療、薬物療法などで治療します。それぞれの費用についてチェックしてみましょう。

手術(外科治療)

初期やその手前の段階である子宮頚部異形成の場合、治療は円錐切除術という方法が用いられます。その場合、日帰りも可能で費用も5~6万円程度です。

進行していたり、転移が見られたりする場合には、子宮や卵巣などを摘出します。その場合には30~40万円程度です。ただし、高額療養費制度の利用で、1か月の自己負担額を抑えられます。

放射線治療

子宮頸がんの入院で行う放射線治療の費用は、自己負担3割で約38万円となっています。70歳以上の自己負担は、一般が57,600円、低所得者の場合、15,000円~24,600円です。70歳未満でも高額療養費現物給付制度を利用すると自己負担が軽減できます。

薬物療法

抗がん剤を使う治療は、多くの場合手術後の補助的なものとして実施されます。治療費は10~30万円程度が目安です。

子宮頸がんの保険が支払われないケースとは?

子宮頸がんでは、がん保険の保険金が支払われますが、場合によっては支払いの対象ではないことや減額されることがあります。支払われないケースや充実の保険金を受け取れる工夫を知っておきましょう。

上皮内新生物だった

がん保険では、上皮内新生物に対して支払われないケースがあります。これは契約内容によってそれぞれのがん保険で違い、対象内のものや対象でも減額されるケースなどもあるようです。上皮内新生物の場合、比較的治療しやすく転移のリスクも少なくなります。そのため、この段階で発見し、費用の心配なく治療できるように上皮内新生物も補償される保険を選ぶことが大切です。

補償内容を上乗せする女性用がん保険とは

子宮頸がんは女性特有のがんですが、がん保険にも女性用のがん保険があります。女性特有のがんに充実した補償があり、女性特有のがん手術への上乗せ補償など、通常の保険とは異なる内容です。保険料はやや高くなりますが、安心材料として検討してみると良いでしょう。

結論

子宮頸がんはがん保険の対象ですが、条件によって保険料が受け取れないことや、減額されることなどがあります。そのため保険のタイプや契約内容には注意して加入の検討や保険の見直しをしましょう。