医師が考えたがん治療のための免疫保険の特徴・メリット

医師が考えた少額短期保険は、ネーミングの通り、こちらの会社に属する医師が考えているため、かなり医療現場に則した内容となっています。「医師が考えたがん治療のための免疫保険」について、サービス内容などを紹介していきます。

医師が考えた少額短期保険の医師が考えたがん治療のための免疫保険の給付金・保険料は?

保険名 医師が考えたがん治療のための免疫保険 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 1,000,000円 36,200,000円
月々の保険料 490円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる保険料を算出してみました。

▼上記、給付条件における医師が考えたがん治療のための免疫保険の具体的な内容はこちら

がん診断保険金:100万円(がんと診断された時に一回限り、悪性新生物のみで上皮内新生物は対象外となります。)

医師が考えたがん治療のための免疫保険の特徴やメリット

がん保険の中でも治療をメインにした保険

医師が考えた少額短期保険の「医師が考えたがん治療のための免疫保険」は基本保障のみで、特約はありません。

「医師が考えたがん治療のための免疫保険」の基本保障は、3つの保障のみで非常にシンプルです。
ひとつは診断給付金、ひとつは免疫細胞療法給付金、さらに、がん免疫細胞療法を受けたのにも関わらず診断から1年以内にがんで死亡した場合は死亡給付金として100万円をカバーしています。

がんの保障を少し厚くしたい方に

医師が考えた少額短期保険の「医師が考えたがん治療のための免疫保険」は、がんに特化した保険です。今やほとんどの方が、ある程度の生命保険になんらかの形で加入しています。また、国の公的保障も充実しています。しかしながら、加入している保険が必ずしも、受けたい治療が受けられるかどうかは疑問です。こちらの保険は、がんと診断されたら一律に100万円の一時金が受け取れます。そして、使い道も自由です。保険料も若い方なら1ヶ月ワンコインで加入できますので、がんが心配な方で保障を少し厚くしたい方におすすめといえるでしょう。

免疫治療に特化した保険

医師が考えた少額短期保険の「医師が考えたがん治療のための免疫保険」は、免疫療法に注目した保険です。最近では色々な治療法が出てきています。なかでも免疫療法は、自分の免疫を増やすことに着目した治療法です。そして副作用が少なく、治療も短時間で済むことなどから、普通に生活しながら受けられる治療法として、最近は注目を浴びている治療です。こちらの保険はこの治療を受けやすくするために、免疫療法を受けた場合は、一律で60万円が保障されます。その他ガンと診断された時点で一時金の100万円が受け取れ、合計で160万円の治療費が受け取れます。まずは、これだけあれば安心して治療に臨むことができるのではないでしょうか?

医師が考えたがん治療のための免疫保険のよくある質問

Q. 上皮内新生物も給付の対象に含まれる?

医師が考えたがん治療のための免疫保険では、あくまで悪性新生物を対象としています。そのため組織のなかで浅い位置にとどまり移転の心配がない上皮内新生物は給付金の支給対象外です。

Q. どんながんもがん免疫細胞療法の治療適用となる?

一般的にはある程度のがん免疫細胞療法の治療を受けることができますが、患者の状況によってはがん免疫細胞療法以外で治療するケースもあります。その場合には給付金の対象外です。

Q. がん免疫細胞療法の治療費は給付金で支払える?

医師が考えたがん治療のための免疫保険で支給される金額はがんの診断時に100万円、がん免疫細胞療法を受けた際に60万円です。しかし治療方針や病院によっては治療費が合計160万円を超えてしまう可能性もあります。

Q. 何歳まで契約することが可能?

申し込みができる年齢は満年齢で20歳から75歳までと設定されています。保険期間は1年単位で更新を続けると最大で84歳まで保障を続けることが可能です。なおがんと診断された際に支払れるのは1回限りと設定されています。

Q. 解約した際の返戻金はある?

返戻金の発生は支払い方法により異なります。月払いにしている場合には基本的には発生しませんが、翌月の保険料を既に払っている際にそれより前に解約した場合返還され、金額は該当月分のみです。年払いの設定ではまだ期間が来ていない分が返還されます。

医師が考えたがん治療のための免疫保険の基本保障と特約

がん診断保険金 100万円(初めて悪性新生物と診断された時に、1回を限度に保障されます。)
免疫細胞療法保険金 60万円(条件を満たす免疫細胞療法を受けた場合にのみ、1回を限度に保障されます。)
がん死亡保険金 100万円(がんと診断された日から1年以内に、ガンを原因として死亡した場合に保障されます。)

相性の良い保険商品

医師が考えた少額短期保険の「医師が考えたがん治療のための免疫保険」は、高額になりがちな免疫治療に、安い保険料で備えることができる免疫治療に特化したがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」との組み合わせがおすすめです。

アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」は、特約で三大疾病に手厚い保障で、加入後もライフステージに応じて保障を追加することもできる医療保険です。35歳男性の場合、入院日額5,000円、退院後の通院保障や三大疾病保険料払込免除の特約をつけても、保険料は2,420円です。入院日額を10,000円、通院保障をつけずに三大疾病保険料払込免除の特約をつけたとしても、保険料は3,680円と割安な保険料です。

すでに、アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」に加入されている方にとっては、医師が考えた少額短期保険の「医師が考えたがん治療のための免疫保険」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、医師が考えた少額短期保険の「医師が考えたがん治療のための免疫保険」と充実の保障でがん以外の病気やケガに備えることができる医療保険がおすすめです。

病気の治療による収入減の不安には、アフラックの「病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険」もあります。 

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。