がん保険と生命保険(死亡保険)の違い

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

がん保険と生命保険(死亡保険)の違いについて

がん保険と生命保険(死亡保険)のおもな違いをまとめると、以下のようになります。

がん保険 生命保険(死亡保険)
保障対象 がん(悪性新生物・上皮内新生物)※上皮内新生物は保障対象外としているがん保険もある 被保険者の死亡、被保険者が高度障害状態になった場合
保障内容
  • 診断給付金(一時金ともいう)
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 通院給付金など
  • 死亡保険金
  • 高度障害保険金
免責期間 90日間 自殺の場合2~3年の免責期間あり
支払限度額 入院給付金や通院給付金などはほとんどのケースで無制限 保険金額=支払限度額

保障対象の違いについて

がん保険の保険対象はがんに限られますが、がんによる診断・通院・手術・入院など、がん治療に対しては幅広いカバー力を持っています。

これに対して生命保険(死亡保険)は、特定の病気などに対するものではなく、交通事故であろうと不慮の事故であろうと病気であろうと原因は問わず、被保険者が死亡した際または高度障害状態になった際のみ保険対象となる、という違いがあります。

保障内容の違いについて

がん保険の保障内容は、がんであるという診断を受けた際に一時金として給付される診断給付金をはじめ、入院給付金、手術給付金、通院給付金などが挙げられます。

また、がん保険の中には先進医療にかかる費用を保障してくれるものや、少額ながら被保険者が死亡した際に死亡給付金を出してくれるものもあります。

これに対して生命保険(死亡保険)の保障内容には、基本的には入院や手術・通院などに対する保障は含まれていない、という違いがあります。

被保険者が死亡もしくは高度障害状態になった時のみ保険金の給付が発生します。

また、意外と見過ごされがちですが、高度障害状態になってしまったとしても、被保険者側から請求しなければ保険金が出ることはありません。さらに、高度障害状態がどういう状態のものを指すかは生命保険会社各社が定めています。

ですから、身体障害者福祉法などに定められている障害状態に該当するようになったからといって、生命保険(死亡保険)の高度障害状態と認められるとは限りません。生命保険を契約する際には、保険金額や掛け金だけでなく高度障害状態の条件がどうなっているか、という点も確認しておくことが大切です。

免責期間の違いについて

がん保険の場合、基本的に90日間または3ヶ月間の免責期間が設定されており、この免責期間内にがんになってしまった場合、そのがんの治療などについて保険金の給付を受けることはできません。

生命保険(死亡保険)の場合、事故死などに対する免責期間は基本的にはありませんが、自殺に対しては2~3年の免責期間があるのが一般的です。また、病死の場合、病気があることを保険加入前から知りながら告知せず保険加入し、そしてその病気が原因で死亡した場合は保険金の給付を受けることはできません。

支払限度額などの違いについて

がん保険のほとんどは、入院給付金や通院給付金などに日数制限がないため、入院や通院に関する保険金の支払限度額は実質的にはない状態=無制限となっています。

ただし、がんと診断された時に給付される診断給付金(一時金)については無制限ではなく、保険加入期間を通じて1回限りとしているものや、「○年につき1回まで」という制限をつけているものが多いです。

つまり、がん保険の支払限度額は、給付金の種類によって無制限のものと制限ありのものがある、ということです。これに対して生命保険(死亡保険)の支払限度額は、契約時に決めた保険金額=支払限度額という形になります。

生命保険(死亡保険)の保険金額の支払方法については、一括で支払われるケースや、あらかじめ契約で決めた期間内で回数を分けて支払われるケースなどいくつかの種類がありますが、どのような支払方法であっても、あらかじめ決まられ保険金額以上に支払われることはないのが、がん保険との大きな違いです。

がん保険と生命保険(死亡保険)、どちらを選ぶかで考えるべきポイント

がん保険と生命保険(死亡保険)は、そもそも「生きている時におこなう治療などに対する保障を前提とした保険か、死亡した際の保障を前提とした保険か」という根本的な違いがあります。ですから、「どちらを選ぶか」という基準では考えることは出来ません。

もしがんになった時に、日々の生活費などに不安があるという場合はがん保険に加入して備えることがおすすめですし、死亡時にある程度まとまった金額の保障がないと、その先の家族の生活が成り立たないという場合は生命保険(死亡保険)の加入を考える必要があります。

ただし、生命保険(死亡保険)には保険期間が終身ではなく一定期間となっているものも多くあります。加入を検討する際、いざという時の備えが本当に必要なタイミングで使えるかどうかも、慎重に考えることをおすすめします。

監修FPが解説するがん保険と生命保険の違い

必要な時期に必要な保障額で加入する

生命保険は、死亡したときに保険金が支払われるので、その保険金は亡くなられた人の家族に渡すことを前提で加入する保険です。一方、がん保険は、がんで死亡した際に保険金がもらえる商品も一部ではありますが、基本的に生きるための治療をする費用を事前に準備しておく前提で加入する保険です。

遺族年金や遺族厚生年金があるとはいえ、それだけでは残された家族が生活していくための資金は、到底十分とはいえるものではありません。養わないといけない家族がいる時期は、その後の生活費がどれほどかかるのかを考えて、万が一の際にまとまった死亡保険金を受け取れる生命保険に加入しておくことをおすすめします。

ただし、現役を引退すれば、大きな保障は必要ではなくなるため、保障の減額を検討してもいいのではないでしょうか。

他の保険とがん保険の違いを知る