どこが違う?がん保険と医療保険

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

医療保険

がん保険と医療保険のおもな違いをまとめると、以下のようになります。

がん保険 医療保険
保障対象 がん(悪性新生物・上皮内新生物)※上皮内新生物は保障対象外としているがん保険もある 病気全般(がんも含む)
ケガ全般
保障内容 診断給付金(一時金ともいう)
入院給付金
手術給付金
通院給付金など
入院給付金
手術給付金
通院給付金など
免責期間 90日間 免責期間がないものが多い
支払限度額 入院給付金や通院給付金などはほとんどのケースで無制限 入院給付金の給付日数に制限があるものが多い

それぞれの違いについて個別にご説明しましょう。

保障対象の違いについて

がん保険はその名のとおり、がんだけが保障対象となっている保険ですが、医療保険はあらゆる病気やケガを保障するため、保障対象はがん保険と比べると非常に幅広いという違いがあります。

医療保険であっても美容整形などまではさすがに保障されませんが、中には先進医療も保障の対象としているものもあるため、健康保険の保険対象よりも幅広くカバーされるケースもあります。

先進医療に関しては、がん治療としての先進医療に限り保障対象となるがん保険もあります。

保障内容の違いについて

がん保険・医療保険ともに、入院給付金と手術給付金はほぼすべての保険で保障内容に含まれており、さらに両者ともに通院給付金の制度もある、という点までを見ると、保障内容はがん保険も医療保険もほとんど変わらないように思えます。

しかし、がん保険にはがんと診断された場合に給付される診断給付金(一時金)がある、という点が医療保険との大きな違いです。

また、入院給付金についても、その中身を見てみるといろいろ違いがあります。

まず、入院1日あたりの給付金額は医療保険よりもがん保険のほうが高額であるケースがほとんどです。

そしてもうひとつ、一部の医療保険では、「入院給付金は入院5日目から」、という条件にしているところもありますが、がん保険の場合はほぼすべてが日帰り入院や入院1日目から入院給付金の対象となります。

さらに入院給付金の日数制限にも違いがあります。医療保険は、入院給付金の給付日数に制限があるものが多いですが、がん保険の場合はほぼ給付日数が無制限になっています。

こうして見ると、がん保険はがんに特化しているだけにがんに対する保障内容はかなり手厚く、医療保険は非常に幅広い病気やケガを保障してくれるものの、保障内容自体はそれほど手厚くないということがわかります。

免責期間の違いについて

がん保険の場合、免責期間はほとんどが90日間となっており、この免責期間中にがんになってしまったと診断されても、そのがんを保障してもらうことはできません。

これに対して医療保険は基本的には免責期間がない、という考え方ですが、一部の医療保険は入院給付金が入院5日目からしか保障されないものもあるため「実質的には4日間の免責期間がある医療保険もある」という見方もできます。

支払限度額などの違いについて

がん保険と医療保険では、支払限度額には特に大きな違いがあります。

まずがん保険の場合、診断給付金については、1回限りの給付となっているものや、○年に1回まで、など回数制限があるケースがほとんどですが、入院給付金や通院給付金についてはほとんどが日数無制限です。

ですからがん保険は、入院や通院に関する給付についての支払限度額はない、という考え方になります。

これに対して医療保険の場合は、入院1回あたり○日まで、通算入院日数○○日までなど、日数制限がついているものが多いため、実質的に支払限度額が存在するという考え方になります。

近年は入院日数が短期化しているという流れがありますが、それでも長期入院になるケースがなくなったというわけではありません。

がんで入院した際に、もし入院が長期化してしまった場合を考えると、入院1回あたり60日まで、などという期間が区切られた医療保険だけでは少々心細さを感じてしまうかもしれません。

がん保険と医療保険、どちらを選ぶかで考えるべきポイント

医療保険は、あらゆる病気やケガなどを保障してくれるという、非常に保障対象が幅広い保険であることが大きなメリットですが、1日あたりの入院給付金はがん保険と比べると少額であることが多く、さらに給付日数にも制限がついているケースが多いです。

がん保険はがん以外の保障はないという、保障対象の狭さがデメリットではありますが、その分がんに対する保障は手厚く、医療保険と比べると入院給付金も1日あたりの給付が高額で、しかも診断給付金(一時金)の制度がある点もありがたいポイントです。

がん保険と医療保険のどちらを選ぶかというよりも、医療保険で幅広くカバーしつつ、負担が重くなりがちながんに対しての備えとして、がん保険にも加入しておくというやり方がおすすめです。

監修FPが解説するがん保険と医療保険の違い

がん保険と医療保険のハイブリッドで備える

医療保険はがんを含むさまざまな病気に対応してくれる保険です。保険対象の範囲が広い分、がん保険と比べると、がんの保障は厚くありません。そのため、医療保険のみで、がん治療に十分な治療費を確保することは難しいでしょう。

がん治療のためのがん保険と、三大疾病に対応した医療保険を組み合わせての保険契約が、安心できるのではないでしょうか。

ポイント

ほとんどの医療保険では、日帰りを含む1日目から入院給付金をもらうことができます。最近の傾向では、入院日数は短くなってきていますが、7大疾病やストレス性疾患においては、入院が長引くことが多いため、入院日数無制限で保障する商品も出てきています。

がん保険の保障によく似た一時金が支払われる商品や、退院後の通院に給付金がもらえる商品もあります。世の中のニーズにマッチした保障の医療保険がどんどん出てきています。契約したままほったらかしにすることなく、定期的に保障内容も含めた見直しを行いましょう。

他の保険とがん保険の違いを知る