がん保険の種類と他の保険との違い

がん保険とひと言でいっても、その種類はさまざまなものがありますので、ここではどんな種類があるのかについてご説明します。

また、がん保険以外の保険とどう違うのかについて、その概要もお伝えします。

がん保険の種類を知って自分にあったものを選ぼう

がん保険の種類分けとしては、

  • 保険期間による種類分け
  • 保障内容による種類分け
  • 掛け捨てかそうでないかの種類分け

の3つがあります。それぞれについてご説明します。

保険期間は終身型と定期型がある

がん保険の保険期間の種類としては、生涯にわたって保障が受けられる終身型と、10年間など、定められた一定の保険期間のみ保障が受けられる定期型の2種類があります。

終身型は生涯ずっと保険料が上がることはありませんが、定期型は保険期間を更新するたびに保険料が高くなります。

保障内容の種類もチェックしよう

がん保険のおもな保障内容の種類としては、

  • 診断給付金(一時金)
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 通院給付金

が挙げられますが、これ以外にも先進医療の保障や死亡保険金など、さらに保障内容の種類を充実させているがん保険もあります。

ですがもちろん、保障内容の種類が充実しているがん保険ほど掛け金は高くなりがちですので、保障内容と掛け金のバランスを考えることが大切です。

掛け捨てかそうでないかもチェック

がん保険は、掛け金が掛け捨てタイプなのか、それとも生存給付金や解約返戻金があるのか、という点でも種類分けができます。

もちろん掛け金が安いのは掛け捨てタイプですが、将来に備えて、高めの掛け金であっても生存給付金や解約返戻金があるタイプを選ぶという人も少なくありません。

がん保険と他の保険の違いについて

がん保険と他の保険はどのような違いがあるのか、それについてまとめました。詳しい内容はそれぞれのページのリンク先をご覧ください。

がん保険と医療保険の違い

がんだけを保障するがん保険に比べ、あらゆる病気やケガを保障する医療保険は有利に思えますが、入院給付金の金額や日数制限の点で不利もあります。

がん保険と医療保険の違いをチェック>>

がん保険と生命保険(死亡保険)の違い

がん保険が、被保険者のがん治療への保障をするのに対して、生命保険(死亡保険)は被保険者の死後に家族などへの保障をするという違いがあります。

がん保険と生命保険の違いをチェック>>

がん保険と介護保険の違い

がん保険はがんの診断・入院・手術・通院に対する保険であり、介護保険は保険会社が定める要介護の状態が一定期間続いた時のための保険、という違いがあります。

がん保険と介護保険の違いをチェック>>

がん保険と就業不能保険の違い

がん保険はがんの治療が必要となれば保障対象となりますが、就業不能保険は、給付対象となる原因や基準などは保険会社によってかなりの違いがあります。

がん保険と就業不能保険の違いをチェック>>

がん保険と三大疾病保険の違い

三大疾病保険はがん・脳卒中・急性心筋梗塞を保障するため、保障対象はがん保険よりも保障対象が幅広いですが、保障内容や支払限度額はがん保険のほうが有利です。

がん保険と三大疾病保険の違いをチェック>>

がん保険と国民健康保険の違い

がん保険と国民健康保険は、民間保険と公的保険という、制度面で非常に大きな違いがあり、さらに保障対象や保障内容も大きく異なります。

がん保険と国民健康保険の違いをチェック>>