女性特有のがんを保障する保険について

がんにかかる女性の割合はおよそ46%、将来的に2人に1人はがんを罹患する恐れがあるのです。またがんが若年化し、若い女性の発症リスクも高くなっています。このようにがんはとても身近な病気なのです。そこで、この記事では女性特有のがんに特化した保険商品が販売されているのかを詳しく解説していきます。

女性向けがん保険はそもそも加入する必要があるのか

乳がんをはじめ、卵巣がんや子宮がんといった、女性特有のがんがあり、また、がんの種類が多いことから女性はがんの発症リスクが高くなります。

ここで問題となるのが「女性特有のがんによって女性としての機能を失う恐れがあるのか」です。

乳がんを発症し、乳房切除術を行う可能性があったり、妊娠を予定している人が子宮がんにかかり、妊娠することができなくなったりと女性ならではの多大な問題があります。

しかし、女性のがんに特化した保険に加入することで、発症リスクの高い女性特有のがんに対する経済的な安心を得ることができます。さらに、がんという大病を患うことで計り知れない精神的不安に陥りますが、そのサポートもピンポイントで行う場合もあります。

女性特有のがんで必要となる経済的事由

女性特有のがんは部位や症状により、一般的ながんよりも経済的負担が大きくなることはご存知でしょうか。

▼女性特有のがんの経済的負担はこちら

  • ウィッグ
  • 特殊な衣類・下着
  • 女性用個室(入院時)

がんは女性にとって大きなリスクを伴います。そのために、女性特有のがんに特化したがん保険はとても重要度の高いものだと把握しておきましょう。

具体的な保障内容とは

もちろん、保険会社や保険商品によって保障内容は異なります。ここで紹介する保障内容は一般的なものを例に挙げますので、ぜひ参考にしてください。

がん診断一時金 がんの診断確定時に一時金として受け取ることができる保障。女性特有のがんと診断された場合には上乗せされた一時金を受け取ることが可能です。
がん入院給付金 がんによる入院1日あたりの給付金を受け取れます。入院日数については制限がない場合がほとんどです。女性特有のがん保険では、入院給付金に上乗せした保険金を受け取ることができます。
がん通院給付金 がんの治療による通院1日あたりの給付金を受け取れます。こちらも通院給付金に上乗せした保険金を受け取ることができます。
がん手術給付金 がんの手術を受けた場合に支払われる給付金。乳房再建術・乳房観血切除術・子宮全摘出術等の女性特有のがんに対して手厚い保障が整っています。

女性向けがん保険を選ぶときのポイント

女性向けのがん保険を選ぶ際にはがん診断一時金の給付回数は要チェックです。現在のがんは死亡リスクが低減し、再発や転移の不安が大きくなりつつあります。保険会社によっては診断一時金を、初診の時にしか受け取ることができない場合があるため、再発や転移のリスクに備えて一時金の支払い回数が複数あるものを選ぶようにしましょう。

また、待機期間とも呼ばれる「免責期間」にも注意が必要です。女性特有のがん保険では、一般的に保障が開始されるまで3ヶ月ほどの期間が必要となります。この免責期間中に発症したがんに対しては保障対象外となるケースが多いため、保険商品ごとの免責期間はチェックする必要があります。

ここまで記載してきた通り、女性向けがん保険は女性特有のがんに不安を持つ方を手厚く保障しています。しかし、その保険商品について曖昧な知識だけでは、結果として損をしてしまう可能性があるため、保障内容等は十分に確認することがポイントです。