がん保険の選び方の基本~必要な保障と特約について~

「がん保険に入りたいけど、どう選べば良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか。 たしかに、保険会社各社からさまざまながん保険が販売されており、何を重視したら良いのか、何が必要なのか、自分に合った商品を選ぶのは難しいかもしれません。
そんな方のために、ここでは、がん保険を選ぶ際のポイントと基礎知識を簡単にまとめました。

項目別に紹介!がん保険の保障内容

選び方をお伝えする前に、まずは、がん保険にはどんな保障があるのか?基本的な保障と注意したいポイントを項目別に見ていきましょう。

診断給付金

がんと診断された際に、一時金で支払われるお金のことです。用途を指定せず、治療費はもちろん、交通費や治療中の生活費にも使えるので、がん治療に先立つ経済的不安を軽減できます。多くの場合、金額は50万円~500万円くらいの間で加入者が設定します。多ければ多いほど安心ですが、その分毎月の保険料が高くなります。加入の際には、金額はもちろん、診断給付金が支払われる回数や条件も確認しましょう。初回のがん診断時に一度だけ支払われるものもあれば、一定期間経過後であれば2回目以降(転移や再発時)も支払われるされるものがあります。

入院給付金

がんの治療を目的として入院した際に受け取れる給付金です。1日10,000円×入院日数といった形で、入院日数に応じて給付金が支払われます。多くの場合に支払い日数は無制限となっていますが、加入の際は、日数の上限があるかないか、よく確認することが大切です。

手術給付金

がんの治療において、手術をした際に受け取れる給付金のことです。
金額は手術の内容によって異なりますが、「入院給付金の10倍、20倍、40倍」などと規定されていることが多いです。最近では、「外来での手術は5万円」「入院での手術は20万円」などと一律で金額が決められているものも多くあります。

治療給付金

がんの治療において、所定の抗がん剤治療や放射線治療、ホルモン剤治療を行った際に受け取れる給付金です。入院をせずに通院のみで治療を受けても受け取れる商品が多いですが、給付条件は会社・商品ごとに異なるので、加入前に確認が必要です。

先進医療特約

がんの治療において、先進医療を受けた際に支払われる給付金です。先進医療の技術料には公的医療保険が適用されず全額自己負担となるため、300万円以上の高額となる場合があります。多くが通算1000万円~2000万円を上限に金額設定されています。

がん保険の選び方に必要な保障とは?

詳しく見ていくと、あれもこれも不安になって保障を持ちたくなってしまうのではないでしょうか。ご紹介した給付金は、多くの商品で主契約になっていたり、特約で付加できるようになっています。また、この他にも、会社によってさまざまな保障内容が存在し、そのそれぞれに支払い条件があります。すべての保障に万端で備えると毎月の保険料が高くなってしまいますので、保障と保険料のバランスを見極めることが大切です。
がん保険を選ぶ際に重要なのは、日々進化するがん治療の現状を知り、実際がんになった場合に「自分に何が足りないか」を考えることです。特に、がんの治療は長期化する傾向にあります。治療が長引いた際、治療費や交通費は貯金で足りるのか、仕事はどうするのか、様々な想定の下、自分に合った保障を選びましょう。

今注目のがん保険の保障・特約をピックアップ

がん保険における先進医療特約

先進医療は、厚生労働省が認める先進的な医療のことで、保険診療の対象として適正かどうかを評価中の技術です。費用は全額自己負担。2万円程度の技術もありますが、中には300万円を超えるものもあります。
先進医療特約は、通算1000万円〜2000万円を上限として、この技術料をカバーしてくれます。ですから先進医療特約を付加することで、「先進医療を受けたいけどお金がない」という人でも、選択の幅を狭めることなく治療を選ぶことができるのです。