アクサダイレクトとはどんな会社?

アクサダイレクト生命は、世界64の国と地域で事業展開をする世界規模の資産運用グループ「AXA」に属する生命保険会社です。

1817年に前身となる保険会社を設立、1985年に社名をAXAに変更しました。日本法人アクサ生命保険株式会社は1994年に設立、営業をスタートさせています。1998年にはアクサ損害保険株式会社(アクサダイレクト)も設立。現在はアクサジャパングループとして、「アクサ生命」「アクサダイレクト生命」「アクサ損害保険」の3社が、個人・法人を問わず保険事業を展開しています。

アクサダイレクト生命では、死亡保険・医療保険をはじめ、がん保険や女性向けの保険、就業不能保障など、リスクごとに対応できる商品を取り扱っています。

2019年9月現在、アクサダイレクト生命では、「アクサダイレクト生命 AUTUMNキャンペーン」と題し、新規でアクサダイレクト生命の取扱保険商品を申込み、さらに成約となった方を対象としたプレゼントキャンペーンを開催しています。(対象となる保険商品は、アクサダイレクト生命のすべての取扱保険商品です)

2019年9月11日(水)~2019年12月1日(日)23:30の期間の間、10名様にBALMUDA The Toaster(ブラック) が当たるキャンペーンとなりますので、気になる方はチェックしてみましょう!

会社名 アクサダイレクト生命保険株式会社
住所 東京都千代田区麹町三丁目3番地4 KDX麹町ビル8階
設立 2006年
資本金 87億5000万円

アクサダイレクト生命の保険を紹介

「がん終身」ってどんな保険?

保険料が非常に安く、できるだけリーズナブルながん保険を探している方に好評のがん保険。診断給付金と入院給付金だけのシンプルな基本保障ですが、抗がん剤治療給付金や先進医療給付金、退院後療養給付金などさまざまな特約で保障を加えることも可能です。ネットで申し込みができる点、電話の対応が分かりやすく親切な点、ホームページが分かりやすい点なども好評です。

がん終身の詳細を見る

「がん終身[女性プラン]」ってどんな保険?

上記の「がん終身」をベースに、女性特有のがんを手厚く保障してくれるがん保険です。乳がんや「子宮がんなど女性特有のがんにかかった際に、2倍の入院給付金を受け取れます。「がん無事故給付特約」を付加すれば、3年ごとに祝い金がもらえる点や、ティーペック社の健康相談やセカンドオピニオンを無料で受けられるサービスなども好評です。

がん終身[女性プラン]の詳細を見る

アクサダイレクト生命の注目保険「終身医療」を紹介

入院・手術給付金と死亡保険金が基本保障のリーズナブルな終身医療保険です。入院日数が61日に達したときに一時金を受け取れる「長期入院時一時金給付特約」や、三大疾病で入院した際に以降の保険料の払い込みが免除になる「3大疾病保険料払込免除特約」などを付加することで、保障を充実させることができます。他、3年間給付金を受け取らなかった際に、5万円の健康祝い金がもらえます。加入はインターネットで可能。健康状態もネットで質問に答えるだけという手軽さも人気です。

アクサダイレクトの採用方針

アクサダイレクトでは一人一人のやりがい・働きやすさを追求した環境の提供に力を入れています。社内公募制度を用意し、それぞれが自分の実力を発揮できるよう配慮されているのもそのためです。

また、大手とあって研修制度が充実しています。入社してから一流の保険マンに育てることができるとの自負を持っているかと思いますので、そうした社内の環境や教育に順応できる人間が求められています。この点は新卒でも中途採用でも同様のようで、「自分はこうだ」ではなく、「こんなやり方もあるのか」と柔軟な姿勢で環境・現実を受け入れられる人材をこそ求められているようです。

環境への順応性はもちろんですが、コミュニケーション・協調性も大切とされています。保険業務は各々がそれぞれのお客に案内するので「個人戦」だと考えている人もいるようですが、実際には組織での連携やチームプレイが欠かせない職場になりますので、「自分さえよければよい」「他の人よりもとにかく自分が頑張りたい」といった考えの人は敬遠されがちです。

そもそも、保険という商品がお客のためのものです。自分さえよければという人が、お客にとって有意義なものを紹介できるとは考えにくいとの考えがアクサダイレクトにはあるようですので、お客のため、さらには周囲との協調性など、自己顕示欲ではなく、周りとの協調性や聞く耳を持っているのかなどもアクサダイレクトが採用するにあたって重視している部分のようです。