スマイルセブンSuperの特徴・メリット

保険業界では歴史のある朝日生命、保障の手厚さでは定評があります。朝日生命のがん保険「スマイルセブンsuper」 について、サービス内容などを紹介していきます。

朝日生命「スマイルセブンSuper」の給付金・保険料は?

保険名 朝日生命スマイルセブンSuper 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 14,100,000 36,200,000円
月々の保険料 5,001円 2,440円

おすすめランキング1位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

が10年間で受け取れる保険料を算出してみました。

▼以下、スマイルセブンSuperの具体的なオプション

代理店販売商品、100万円コースにより試算。

7大疾病一時金:100万円(1年に1回、回数無制限で保障)、7大疾病初回一時金:50万円、がん治療給付金:最大360万円

スマイルセブンSuperの特徴やメリット

基本保障はシンプル!がんは診断一時金

朝日生命のガン保険「スマイルセブンsuper」の特約は、基本保障に特約をプラスして入ることのできる保険です。

「スマイルセブンsuper」の基本保障では7大疾病一時金のみで、診断時に大きく保障をしてくれる、非常にシンプルな保険です。一時金の使い道は自由ですが、入院や手術はついていませんので、心配な方は特約をチョイスして、選ぶことをオススメします。

生活習慣病に注目

朝日生命のがん保険「スマイルセブンsuper」の基本保障は、がんを含む生活習慣病である7大疾病に対応しています。がんを含む7疾病にかかった場合は、1疾患につき、1回を限度に保障してくれます。

がんにかかった時を想定して、がん保険ばかりを手厚くしたにも関わらず、他の病気になってしまい、保障がもらえなかったというケースも一般的にはよくあること。そういった場合でも、生活習慣病までトータルに対応している保障は、安心できるといっても良いでしょう。

オプションで必要な分だけ備える

朝日生命のがん保険「スマイルセブンsuper」は、基本保障がシンプルな分、オプション特約がかなり充実しています。最近では複数の保険に入っている人も多く、保障が重複するケースも多いです。入院や手術、通院などは、すでに他の保険会社で入っているという方のために、特約は選べるように、保険料免除特約、7大疾病初回一時金、がん治療に対応した治療給付金、先進医療給付金、などの特約が用意してあります。必要な保険を必要なだけ合理的に用意できる保険といっても良いでしょう。

オプションは販売先によって多少異なり、例えば、みずほ銀行で販売しているスマイルセブンSuperのオプションには、がん治療給付金はついていませんのでご注意を。ネット申し込みもないため、代理店窓口や電話で相談することをおすすめします。

スマイルセブンSuperのよくある質問

Q.何歳まで契約可能?

契約できるのは満年齢が15歳から80歳までの間です。なお保険料支払い期間は60歳から80歳までの5歳ごとと終身払いが設定されています。80歳までの支払いの場合、最低の支払い期間は5年です。

Q.上皮内新生物は給付対象になる?

悪性新生物と上皮内新生物のどちらであっても診断確定であれば、がんとしての給付金の支払い対象に含まれます。ただし保険料の支払いをしなくてもよくある保険料払込免除の条件としては上皮内新生物は含まれていません。

Q.解約返戻金はある?

スマイルセブンSuperでは解約した際の返戻金は主契約と特約ともに設定されていません。返戻金は設定されていませんが、がんを含めた6大疾病としての診断や手術などをおこなった場合には払込が免除となります。

Q.告知書にて告知する内容は?

申し込み前に告知しなければいけない内容は、過去の傷病名と治療期間、現在の健康であるかの状況や障がい有無、職業などです。過去に病気や通院歴がある場合には、条件付きの申し込みとなるケースがあります。

Q.保険給付がされない具体例があれば

申し込み前に告知していた内容に誤りがあった場合は過失であるかどうかにかかわず、給付金の支払い対象外です。また保険の契約自体を解除していた場合にも給付金の支払いはされません。

スマイルセブンSuperの基本保障と特約

7大疾病一時金 100万円(7大疾病と診断された時に、7大疾病ごとに、それぞれ1年に1回を回数無制限で保障)
7大疾病初回一時金 50万円(上皮内新生物を含む7大疾病、診断時に初回1回のみ保障)
がん治療給付金 最大360万円(治療をうけた月ごとに、抗がん剤3万円、入院・手術・放射線治療・ホルモン治療1,5万円)
先進医療給付金 最大2,000万円(1回につき450万円)
先進医療見舞金 先進医療給付金の約10%(最大200万円まで、1回45万円まで)

相性の良い保険商品

朝日生命の「スマイルセブンSuper」は、がんと6大疾病の治療に一時金で保障してくれるがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」との組み合わせがおすすめです。

チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」は、7大疾病の入院が無制限で保障されていて、必要な保障や保険料に合わせて、自由にカスタマイズできるのが特徴です。35歳男性の場合、入院日額5,000円、三大疾病払込免除特約をつけると、保険料は1,110円です。入院日額10,000円、退院後の通院日額5,000円、三大疾病払込免除特約をつけると、2,305円の保険料になります。

すでに、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」に加入されている方にとっては、朝日生命の「スマイルセブンSuper」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、朝日生命の「スマイルセブンSuper」と最低限の保障から充実の保障まである医療保険がおすすめです。

病気の治療による収入減の不安には、ストレス疾患にも対応しているチューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」もあります。 

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。