アフラック「生きるためのがん保険Days1」の特徴・メリット

今の時代に合ったがん治療を幅広く保障してくれる、アフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days1」について、特徴をご紹介します。

アフラックの生きるためのがん保険Days1の給付金・保険料は?

保険名 生きるためのがん保険Days1 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 8,400,000円 36,200,000円
月々の保険料 2,153円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼上記、給付条件における生きるためのがん保険Days1の具体的な内容はこちら

入院給付金日額5,000円、診断給付金一時金25万円(2回まで)、通院給付金日額5,000円、手術治療給付金1回10万円(14日間に1回を限度、無制限)、抗がん剤・ホルモン剤治療特約5万円/月、がん先進医療特約(通算2,000万円まで)、がん先進医療一時金15万円(1年につき1回限り)、診断給付金複数回支払特約50万円(2年に1回を限度)

生きるためのがん保険Days1の特徴やメリット

通院での治療も安心

がん治療は通院が主流になっています。入院はもちろん、三大治療の通院や、所定の通院期間中(365日以内)の通院も日数無制限で保障してくれるので安心です。

三大治療・先進医療に手厚い

がん治療の主流である三大治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療・ホルモン剤治療)にも、公的医療制度が適用されない先進医療にもしっかり対応するがん保険です。

生活の質を落とさない保障も充実

早期発見・早期治療により、がんは治る時代になっています。がんと向き合う生活を見据え、再発への備えや再発・転移時も一時金をもらえるので、再発時も安心です。ウィッグなどを購入できる「外見ケア特約」も嬉しい。

FPがチェック!アフラック「生きるためのがん保険Days1」のポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

がん治療に必要な保障がセット

がんと診断されてから、入院・手術・通院・緩和ケアまでのがん治療に必要な保障がセットになったがん保険です。入院日額10,000円のスタンダードプランと入院日額5,000円のベースプランの2種類から選ぶことが出来ます。

がんと診断されると診断給付金が支払われ、2年に1回、複数回診断給付金を無制限で受け取れるため、転移や再発の際でも、治療費の心配をせずにすみます。入院と通院は、回数無制限で保障されていますし、先進医療もプランに含まれているので、保険対象外の治療も受けること可能です。

ただし、上皮内がんは診断給付金など10%しか保障されないということと、上皮内がんは支払い対象外になっている給付金もあるため、事前に確認することが必要です。

外見ケアと緩和療養特約

外見ケア特約をつけることで、抗がん剤の副作用による頭髪の脱毛を隠すためのウィッグ費用もカバーできますし、緩和療養特約でがんの痛みを和らげる緩和ケアも保障されます。

生きるためのがん保険Days1のよくある質問

Q.女性特有のがん保障の内容とは?

レディースプランでは女性特有の症状や治療が給付金の対象となります。外科手術にて乳房を切除するケース、子宮や卵巣を全摘出する手術の治療方法などが女性特定ケア給付金の対象です。他にも切除した乳房を再建する手術には乳房再建給付金が支払われます。

Q.上皮内新生物の治療は保障対象?

上皮内新生物も治療などに伴う入院や通院などの給付金支払いの対象です。ですが診断給付金が約1割となることや、治療など一部特約の対象からは外れます。また最初の診断から2年目以降の特定診断給付金なども対象外です。

Q.入院日数には制限がある?

悪性新生物と上皮内新生物どちらであっても、治療目的の入院であれば日数に制限はありません。また万が一海外で入院となった場合にも治療する医療施設などの条件はありますが保障対象に含まれます。

Q.保険料はかけ捨てタイプ?

公式サイトでは解約払戻金なしのタイプのみが記載されているので、一見すると掛け捨てタイプです。しかし保険料が変動するものの解約払戻金有りのタイプも用意されており、直接電話にて問い合わせることで説明を受けられます。

Q.保険料が払込免除となるケースは?

条件により保険料の支払いが免除されることがあります。最初にがんと診断されてから2年以内に治療目的の入院や通院が30日に達したとき、もしくは最初のがん診断から2年以内に再度がんと診断されて通院や入院をしたときのどちらかです。

生きるためのがん保険Days1の主契約と特約

アフラックの請求資料
アフラックで請求したパンフレットたち
診断給付金 25万円~50万円(上皮内新生物は診断給付金額の10%、それぞれ1回限り)
入院給付金 5,000円、10,000円(支払日数無制限)
通院給付金 5,000円、10,000円(支払日数無制限)
がん先進医療特約 がん治療のために先進医療を受けた場合に保障される(通算2,000万円まで)。
また、がん先進医療一時金として1年間に1回を限度に15万円受け取れる。
診断給付金複数回支払特約 がんの場合は50万円、上皮内新生物の場合は5万円(初回から2年以上経過後にがんで入院または通院をした場合)
特定診断給付金特約 25万円、50万円(保険期間を通じて1回限り)
手術治療給付金 10万円、20万円(14日間に1回を限度、支払い回数無制限)
放射線治療給付金 10万円、20万円(60日間に1回を限度、支払い回数無制限)
抗がん剤・ホルモン剤治療特約 5万円、10万円(乳がん・前立腺がんのホルモン剤治療のときは2,5万円、5万円。1ヶ月に1回を限度)
特定保険料払込免除特約 初めてがんと診断確定され、所定の条件を満たすときに、以後の保険料の払込が免除される
外見ケア特約 (1)顔・頭部の手術、手足の切断術
20万円(それぞれ1回ずつ)、(2)頭髪の脱毛症状10万円(1回限り)
緩和療養特約 5万円(1ヶ月に1回を限度、保険期間を通じ24回まで)

「生きるためのがん保険Days1」各特約の説明

診断給付金

初めてがんと診断された場合に受け取ることができる給付金です。一時金の形で保険金を受け取ります。対象となるのは、悪性新生物と上皮内新生物。上皮内新生物のがんの場合は、悪性新生物よりも保険金の額が低くなります。

入院給付金

がんの治療のために入院した際に受け取れる給付金です。主契約に入っています。がんの治療のための入院が条件ですので、がん以外の病気は対象外です。検査のための入院も保障の対象には含まれません。外来の治療でベッドを利用しても入院給付金の対象外になります。

通院給付金

がんの手術や放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン剤治療を目的とした通院が保障の対象です。主契約に含まれています。給付金は1日あたりの金額が支払われます。同じ日に複数の通院を行なった場合、支払われるのは1回のみです。

がん先進医療特約

がんの治療のために先進医療を受けた人のための保障です。特約で付けられます。受け取れるのは一時金と給付金の2つです。先進医療として認められる治療を受けた際に一律で一時金を受け取れます。受け取れるのは1年に1回までです。そして、実際に先進医療のために支払った治療費を給付金として受け取れます。

診断給付金複数回支払特約

2回目以降にがんと診断された場合に給付金を受け取ることができる特約です。最初の診断から2年以上経過していないと対象にはなりません。その後も2年に1度に限り、がんと診断されたら給付金を受け取れます。悪性新生物と上皮内新生物の両方が対象です。

特定診断給付金特約

特定の条件を満たすことで給付金を受け取れます。条件とは、がんと診断されてから2年以内にがんの治療のための入院や通院が30日以上に達した場合です。初めてがんと診断されてから2年以上経っても、がんの診断を受けていたり入院や通院を続けたりしている人も対象です。給付金を受け取れるのは1回だけです。

手術治療給付金

がんの治療をするために、特定の手術を受けた人が申請できる給付金です。どのような手術が対象になるのかは、保険加入時や手術を受ける前に確認するのがいいでしょう。連続して手術を受けた場合、14日間に受け取れる給付金は1回分だけです。

抗がん剤・ホルモン剤治療特約

がん治療を受けるために、抗がん剤やホルモン剤治療を実施した際の保障です。上皮内新生物の治療は対象外ですので、注意してください。支払い対象になるのは1か月に1回分の施術だけです。給付倍率は抗がん剤治療が一律で2倍です。ホルモン剤治療は乳がんや前立腺の給付倍率が1倍、それ以外が2倍とされています。

特定保険料払込免除特約

特定の条件を満たしたら、その後の保険料を支払う必要がなくなる特約です。条件とは、がんと診断されてから2年以内に30日以上入院や通院をした場合です。また、初めてがんと診断されてから、2年以上経ってもがんと診断されていたり入院や通院を続けたりしている人も対象になります。上皮内新生物は対象外です。

外見ケア特約

がんの治療を目的として、外見に関係する手術を受けたときに給付金が支払われます。たとえば、顔や頭部のがんを摘出する手術です。手の指や足の指の第一関節以上を切断する場合も対象になります。がん治療が原因で脱毛が生じたときに、医師の診断もあれば給付金が支払われます。

緩和療養特約

がん治療で痛みを緩和するための施術を行なった際に適用になる特約です。痛みを抑える薬や神経ブロックを使用したり、緩和ケア病棟に入院したりした際に対象になります。痛みを緩和する在宅医療も対象です。申請対象になるのは1か月に1回で、24回申請できます。

編集部まとめ!生きるためのがん保険Days1の評価!

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days1」の特記事項としては、やはり入院・通院に際して1日ごとに設定された給付金が回数無制限で受け取れること。治療が長引いてしまっても、継続して受け取ることができるのでとても安心です。「診断給付金複数回支払特約」を付与すれば、がんと診断されている間は2年に1回の給付金を受け取ることが可能です。

がん治療のサポートという面では、手厚いサポートが特徴的。期間に応じてサポートしてくれるので、長引く治療が不安という方におすすめしたい商品です。それ以外にも、外見ケア特約といった独自の特約も存在しており、がんのさまざまなリスクを考慮した商品設計であることがうかがえます。

相性の良い保険商品

アフラック「生きるためのがん保険Days1」は、がん診断から通院、治療にまでがん治療を幅広く保障してくれるがん保険です。さらに、がん以外の病気やケガの入院や通院の保障も検討するなら、メディケア生命の「医療終身保険メディフィットA」との組み合わせがおすすめです。

メディケア生命の「医療終身保険メディフィットA」は、病気やけがなどの入院や手術のみの保障から死亡保障や介護保障までのさまざまな特約のある医療保険です。35歳男性の場合、入院日額5,000円で、3大疾病保険料払込免除特約をつけると、保険料は1,830円です。入院日額10,000円で、通院日額3,000円の通院治療特約をつけると、3,312円の保険料になります。

すでに、メディケア生命の「医療終身保険メディフィットA」に加入されている方にとっては、アフラック「生きるためのがん保険Days1」でがん治療の保障をさらに充実させることもできます。また、これからがん保険と医療保険をセットに考えるなら、アフラック「生きるためのがん保険Days1」と最低限の入院・手術の保障から充実の保障まである医療保険がおすすめです

万が一に備えて、しっかり準備ができているかどうかを、一度ゆっくり考えてみましょう。