アフラック「生きるためのがん保険Days1レディースプラン」の特徴・メリット

女性ならではのがんにもしっかり備えられる、アフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days1レディースプラン」について、特徴をご紹介します。

アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプランの給付金・保険料は?

保険名 生きるためのがん保険Days1レディースプラン 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 10,700,000円 36,200,000円
月々の保険料 4,398円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳女性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼上記、給付条件における生きるためのがん保険寄りそうDaysの具体的な内容はこちら

入院給付金日額10,000円、診断給付金一時金50万円(1回まで)、通院給付金日額10,000円、手術治療給付金1回20万円(14日間に1回を限度、無制限)、抗がん剤・ホルモン剤治療特約10万円/月、がん先進医療特約(通算2,000万円まで)、がん先進医療一時金15万円(1年につき1回限り)、診断給付金複数回支払特約50万円(2年に1回を限度)、女性がん特約20万円、乳房再建給付金50万円

生きるためのがん保険Days1レディースプランの特徴やメリット

女性特有のがん手術で給付金がもらえる

「がん」の治療を目的とする乳房観血切除術、子宮全摘出術、卵巣全摘出術を受けたとき1回につき20万円、「がん」の治療を目的とする乳房観血切除術を受け、その乳房について乳房再建術を受けたとき1回につき50万円など、女性特有のがん手術への保障が充実しています。

入院や通院も日数無制限で保障

がん治療は通院が主流になっています。入院はもちろん、三大治療の通院や、所定の通院期間中(365日以内)の通院も日数無制限で保障してくれるので安心です。

三大治療・先進医療も手厚く保障

がん治療の主流である三大治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療・ホルモン剤治療)にも、公的医療制度が適用されない先進医療にもしっかり対応するがん保険です。

FPがチェック!アフラック「生きるためのがん保険Days1レディースプラン」のポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

生きるためのがん保険Days1プラス女性特有のがん保障

この保険は、女性専用のプランです。女性特有のがんの全摘手術後のケア給付金や乳がん摘出後の乳房再建手術費用が保障される給付金を受け取ることが出来ます。さらに、外見ケア特約をつけることで、抗がん剤の副作用による頭髪の脱毛を隠すためのウィッグ費用もカバーできます。

がん治療に必要な保障がセット

がんと診断されてから、入院・手術・通院・緩和ケアまでのがん治療に必要な保障がセットになったがん保険です。入院日額10,000円のスタンダードプランと入院日額5,000円のベースプランの2種類から選ぶことが出来ます。

がんと診断されると診断給付金が支払われ、2年に1回、複数回診断給付金を無制限で受け取れるため、転移や再発の際でも、治療費の心配をせずにすみます。入院と通院は、回数無制限で保障されていますし、先進医療もプランに含まれているので、保険対象外の治療も受けること可能です。

ただし、上皮内がんは診断給付金など10%しか保障されないということと、上皮内がんは支払い対象外になっている給付金もあるため、事前に確認することが必要です。

生きるためのがん保険Days1レディースプランのよくある質問

Q. レディースプランで女性特有の保障とは?

レディースプランでは生きるためのがん保険Days1スタンダードプランに加えて、いくつかの女性特有の保障があります。乳房を切り取る手術やその再建手術、そして子宮や卵巣を摘出する治療などが該当です。

Q. 上皮内新生物と診断された場合は保障対象?

悪性新生物に加えて上皮内新生物の治療を目的とした通院や手術の給付金額が支払われます。ただし診断給付金の金額が1割となることや抗がん剤やホルモン剤などの治療特約などは対象外です。

Q. 入院せずに手術治療を受けた場合は対象外になる?

手術治療給付金があるため支払い対象です。悪性新生物と上皮内新生物のどちらであってもこれらの治療を目的とした手術であれば、入院していなくても保障の対象に含まれます。

Q. 通院となった場合の保障はある?

がんと上皮内新生物どちらとも、通院により通院給付金が支払われます。条件は手術、放射線や抗がん剤などの治療となる治療で、始めてがんや上皮内新生物と診断されてから1年以内の通院が対象です。

Q. 加入できる年齢は?

タイプによって加入できる年齢が異なります。定額対応であれば満年齢で15歳から70歳、60歳半額タイプであれば15歳から55歳、60歳払済タイプの場合には15歳から50歳が加入対象年齢です。

生きるためのがん保険Days1レディースプランの主契約と特約

診断給付金 50万円(上皮内新生物は診断給付金額の10%、それぞれ1回限り)
特定診断給付金 50万円(1回限り)
入院給付金 10,000円(支払日数無制限)
通院給付金 10,000円(支払日数無制限)
手術治療給付金 20万円(14日間に1回を限度、支払い回数無制限)
放射線治療給付金 20万円(60日間に1回を限度、支払い回数無制限)
がん先進医療特約 がん治療のために先進医療を受けた場合に保障される(通算2,000万円まで)。また、がん先進医療一時金として1年間に1回を限度に15万円受け取れます。
診断給付金複数回支払特約 がんの場合は50万円、上皮内新生物の場合は5万円(2年に1回、支払回数無制限)
抗がん剤・ホルモン剤治療特約 10万円(乳がん・前立腺がんのホルモン剤治療のときは5万円。1ヶ月に1回を限度)
外見ケア特約 (1)顔・頭部の手術、手足の切断術20万円(それぞれ1回ずつ)、(2)頭髪の脱毛症状10万円(1回限り)
緩和療養特約 5万円(1ヶ月に1回を限度、保険期間を通じ24回まで)