アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」の特徴・メリット

がんになったことがある方が再発・転移に備えられる!アフラックのがん保険「生きるためのがん保険寄り添うDays」について、特徴をご紹介します。

アフラックの生きるためのがん保険 寄りそうDaysの給付金・保険料は?

保険名 生きるためのがん保険 寄りそうDays 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 6,900,000円 36,200,000円
月々の保険料 4,066円 2,440円

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

10年間で受け取れる給付金を算出してみました。

▼上記、給付条件における生きるためのがん保険寄りそうDaysの具体的な内容はこちら

入院給付金日額5,000円、通院給付金日額5,000円、手術治療給付金1回10万円(14日間に1回を限度、無制限)、抗がん剤・ホルモン剤治療特約5万円/月、がん先進医療特約(通算2,000万円まで)、がん先進医療一時金15万円(1年につき1回限り)

生きるためのがん保険 寄りそうDaysの特徴やメリット

がんを経験された方でも加入できる保険

過去にがんを経験された方でも、最期に治療を受けた日から5年以上経過していれば加入可能。過去にかかったがんが再発・転移した場合も保障してくれます。

アフラックのもうひとつのがん保険、「生きるためのがん保険Days1」と比べると、5年以上前にがんになったことがある人が加入できる保険、という点に加え、この保険には診断給付金がありません。

入院・通院を日数無制限で保障

入院はもちろん、手術・放射線治療・抗がん剤治療などの三大治療による通院は日数無制限で保障してくれます。抗がん剤治療は通院だけでも治療費を保障。長引く治療にも安心です。

頼れる相談・情報提供サービス

患者さんや家族の疑問・悩みをふまえて病気の説明などをしてくれる訪問相談サービスや、セカンドオピニオンとしても利用できる専門医を紹介してくれます。また、がん治療に伴う生活情報を提供してくれるサービスも。

FPがチェック!アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」のポイント

現役ファイナンシャルプランナー中野さん

監修ファイナンシャルプランナーさん:中野令子さん

現在2児の母。短大卒業後、出産前までは大手証券会社で長年営業に従事。個人や法人の顧客向けに資産運用商品や保険などの金融商品を販売。現在は自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、身近にあるお金について解説します。1級FP技能士。

がん経験者でも加入できるがん保険

過去にがん(悪性新生物)を経験したことのある人も加入できるがん保険です。過去5年以内に、がんの診断や治療を受けていなくて、治療も勧められていなければ、申込みが可能です。

長引く治療にも安心の備え

入院や3大治療による通院は日数無制限で保障され、手術や放射線治療なども回数無制限で保障してくれます。再発や転移などで長引くがん治療にも、安心できる備えです。

抗がん剤治療や先進医療の特約も付加できる

抗がん剤治療は長期にわたることもあり、治療費もかさんでいきます。特約を付けることで、毎月最高10万円が通算600万円まで支給されます。先進医療特約は通算2000万円まで保障され、1年間に1回15万円の一時金も支払われます。

生きるためのがん保険寄りそうDaysのよくある質問

Q.過去にがんになっていても加入できる?

生きるためのがん保険寄りそうDaysは過去にがんと診断され最後の治療日から5年経過しており、治療を受けることを勧められていない方を対象としている保険です。この条件から外れると加入できません。

Q.過去に上皮内新生物となっている場合は?

加入条件である過去のがんには悪性新生物のみが対象のため、上皮内新生物と診断されたことのあるケースでは対象となりません。反対に他のがん保険では対象となるケースがあります。

Q.加入後に上皮内新生物と診断されたら保障対象?

加入後に上皮内新生物と診断された場合には入院や通院、手術の際に給付対象です。ただし先進医療や抗がん剤治療などの治療方法による特約は対象外となってしまいます。

Q.保険料は掛け捨て?払込免除はある?

同じアフラックの生きるためのがん保険Days1とは異なり、解約払戻金のあるプランは用意されていません。保険料が払込免除される制度もないため、保険タイプとしては掛け捨てに該当します。

Q.保障の対象とならないケースは?

悪性新生物や上皮内新生物などと診断されたケースやその治療などに伴う保障をサービスとしている保険のため、他の病気の治療や入院は対象外です。また告知から3ヶ月経過後が責任開始日のため、それ以前に診断された場合も保障に含まれません。

生きるためのがん保険 寄りそうDaysの主契約と特約

入院給付金 1日5,000円、10,000円(支払日数無制限)
通院給付金 1日5,000円、10,000円(支払日数無制限)
手術治療給付金 10万円、20万円(14日間に1回を限度、支払い回数無制限)
放射線治療給付金 10万円、20万円(60日間に1回を限度、支払い回数無制限)
抗がん剤治療特約 5万円(乳がん・前立腺がんのホルモン剤治療のときは2,5万円/更新後の保険期間を含め 通算300万円まで)
がん先進医療特約 がん治療のために先進医療を受けた場合に保障される(通算2,000万円まで)。また、がん先進医療一時金として1年間に1回を限度に15万円受け取れます。