アフラックのがん保険「生きるためのがん保険」の口コミ・評判

  

がん保険のパイオニアとして抜群の知名度を誇るアフラックのがん保険にはどのようなものがあるのでしょうか?口コミを見てみましょう。

悪性新生物への保障が手厚く安心できる保険

個人的には、上皮内がんの保障はさほど必要ないと考えています。というのは、上皮内がんは治療が長期化するケースは少ないし、高額療養費制度を使えば治療費もさほどかかりません。上皮内がんの保障が手厚くなるほど保険料負担が増え、非合理的だと思うからです。その点、アフラックは悪性新生物、いわゆるお金のかかるがんに対して非常に保障が手厚く安心できます。過去の保険に加入したままの方には見直しをオススメします。医療事情が変わる度に保険も変わります。

参照元:みん評「アフラック「生きるためのがん保険Days1」(がん保険)の口コミ・評判」
参照元URL:https://minhyo.jp/aflac_ganhokendays

最新のがん治療をサポートしてくれる保険

長くがん保険を提供し、実績があるアフラック。「生きるためのがん保険Days1」は先進医療も付き、プレミアムサポートなどセカンドオピニオンのサービスも利用できるので、がん治療で迷った時には相談できるのも嬉しいです。入院なしの通勤治療や放射線治療なども保障してくれるし、がん治療に特化した内容で安心です。入退院を繰り返しても給付金がでるなど、長引く傾向にある最新のがん治療に適応した保障内容だと思い、加入しました。

参照元:みん評「アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」(がん保険)の口コミ・評判」
参照元URL:https://minhyo.jp/aflac_ganhoken-yorisoudays

通院だけでも給付金がもらえるがん保険

医療の進歩から、最近のがん治療は通院だけの場合も多いと聞き、通院だけで給付される保険を探した結果、この保険にたどりつきました。入院の有無に関係なく給付される通院給付って、意外と他の保険にはついていないんですよね。保険料も安いし、入院日額10,000円なので、万が一の時に備える金額としては十分。特約がカバーする内容も広い。がん保険分野No1の実績と、会社自体の信頼性も高いので安心して利用できるがん保険だと思います。

参照元:クチコミランキング がん保険 ランキング 口コミ アフラック 生きるためのがん保険Days1
参照元URL:https://kuchiran.jp/money/more/m_cancer.html#aflac

実際がんになって分かったありがたさ

2人に1人はがんになる時代、などと聞き、軽い気持ちで加入しました。手続きはインターネットから簡単にできたので、オペレーターさんとは最終確認程度でしたが、実際がんと告知を受け給付金を請求する際には、オペレーターさんがとても親身になって下さり、優しさがとても身に沁みました。給付金もありがたく、助けられております。抗がん剤や放射線の治療でも給付金がもらえるので、お金の心配もあまりなく、治療に専念できております。

参照元:みん評「アフラック「生きるためのがん保険Days1」(がん保険)の口コミ・評判」
参照元URL:https://minhyo.jp/aflac_ganhokendays

最新の治療に幅広く対応したがん保険

世界で初めてがん保険を開発し、日本におけるがん保険契約数NO.1のアフラック。「生きるためのがん保険Days1」は、最新のがん治療に対応したさまざまな保障がパッケージ化されており、幅広くがん治療に備えたい方に向いているがん保険です。中でも、手術・放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン剤治療の通院を無制限で保障してくれる点や、無料のセカンドオピニオンサービス、がんの治療で変化した容姿をケアする「外見ケア特約」などが注目点。オーソドックスな保障内容で安心して入れるがん保険です。

参照元:40代の生命保険・医療保険選び方【評価B】アフラック「生きるためのがん保険Days1」デメリットと評価
参照元URL:http://hoken40.site/post-2657/

Twitter上のアフラックの口コミを集めました!

契約して20年以上、今後も継続したい

掛け金が高い?でも安心を買うと思えば

値段変動なしなのが魅力

生きるためのがん保険に関する良い口コミ

がん保険の給付金に感謝

加入時はあまり深く考えていませんでしたが、今回アフラックのがん保険の給付金をいただくことができました。加入の手続きはとても簡単でした。インターネットで申し込み、最後に担当者が電話で確認をしてくれました。

がんの診断をされ、電話でアフラックに相談しましたが、電話対応をしていた担当者がやさしかったです。ただ作業としてこなしているのではなく、親身になって話を聞いてくださったのを覚えています。

がんと診断されたのは残念ですが、給付金が助けになっています。抗がん剤と放射線の両方の治療で保険金が受け取れる保険です。治療費の心配が軽減され、治療に取り組めています。

参照元:みん評
参照元URL:https://minhyo.jp/aflac_ganhokendays

通院保障の必要性を感じ契約変更

以前もアフラックでがん保険を契約していましたが、今回保険の見直しを行いました。以前の契約では入院時の保障は充実していましたが、通院だと実費でした。現在は月々の料金で1,000円上乗せして、通院も保障に含めました。

子どもの年齢がまだ小さいときには保障内容を充実させ、子どもが大きくなったら外すこともできる。そのようなアドバイスをいただいたので、すんなりと契約変更できました。

参照元:クチコミランキング
参照元URL:https://kuchiran.jp/money/ins_cancer.html

保険料が割安だったので契約

保険はお金がかかると感じていたため、以前は特に保険に加入していませんでした。しかし、アフラックは保険料が安いという母の言葉をきっかけに、問い合わせて資料を送ってもらいました。実際毎月の保険料が安くそのうえ保障内容がよかったです。電話で問い合わせたときの対応も好印象がもてたので、アフラックに決めました。

参照元:クチコミランキング
参照元URL:https://kuchiran.jp/money/ins_cancer.html

生きるためのがん保険に関する悪い口コミ

支払い額が希望通りにはいかなかった

親ががんの末期と診断され、しばらくして亡くなりました。しかし、支払われた保険金は希望とは異なっていました。自分が加入していた保険ではなかったため、約款をよく確認していませんでした。病院の先生が厚生労働省のすすめているように診断書を書いてくれなかった、という点もあります。保険会社の認定ルールによって保険金の額が少なくなります。

参照元:みん評
参照元URL:https://minhyo.jp/aflac_ganhokendays

給付されるがんの種類や条件がある

長年アフラックのがん保険を契約していました。そして非浸潤がんと診断され、乳房を全摘出しました。もちろんアフラックに給付金の請求をしましたが、非浸潤がんは給付金の支払い対象には含まれないとのことでした。とても信じられなかったです。非浸潤がんもがんなので保険金を支払ってくれてもいいと思います。

参照元:みん評
参照元URL:https://minhyo.jp/aflac_ganhokendays

保険料が自分の思っていたより高かった

保険や保障内容によって料金が変わるのは分かっていますが、アフラックのがん保険は予想していたより料金が高かったです。おそらく通院給付が保障に含まれているので料金が上がったのかもしれません。逆に言うと、通院給付を重視する人であれば、保険料が割安になる可能性もあります。私個人としては、保険料を安くしてほしいです。

参照元:クチコミランキング
参照元URL:https://kuchiran.jp/money/ins_cancer.html

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

口コミから読み解く!
アフラックのがん保険とは?

アフラックのがん保険には「生きるためのがん保険Days」「生きるためのがん保険 寄りそうDays」がありますが、がん保険のパイオニアとして、入退院を繰り返しても給付金がもらえるなど、自分の希望通り新しいがん治療にトータルに備えられる内容となっています。口コミでは、知名度や実績から安心感を得ている人も多いようでした。また、給付金請求の際のスタッフの対応やサポート体制を評価する口コミも。加入者向けのセカンドオピニオンなど健康相談サポートの充実も評価されているようです。

おすすめランキング上位のがん保険をもっと見る

アフラックのがん保険について詳しく知ろう

生きるためのがん保険Days1

アフラックのがん保険の最もメジャーなものと言えるのが「生きるためのがん保険Days1」です。特約が幅広く用意されていて、備えたいリスクに合わせてカスタマイズすることができます。スタンダードプラン・ベースプランの二つがあり、給付金の額や払込免除特約の有無なども選ぶことが可能となっています。

生きるためのがん保険寄りそうDays

生きるためのがん保険寄りそうDaysは、がんを経験されたことがある人が申し込める保険となっています。がんの治療を受けた最後の日から5年が経過し、その間にがんの診断や治療を受けたり、治療を受けるようにすすめられていなければ申込が可能となっています。(健康状態などによっては契約不可の場合もあります)

女性特有のがんにも手厚い生きるためのがん保険Days1

生きるためのがん保険Days1に、女性がん特約を付与したものがこちらの商品です。女性特有の乳がんなどで手術を受けた際に給付金を受け取ることができ、乳房再建手術を受けたときにも別途給付金を受け取ることが可能です。

このがん保険をチェックした人はこんな保険も見ています