イオン保険サービスとはどんな会社?

イオン保険サービス株式会社は、イオンカード会員向けの保険商品を販売しています。

1990年に現在のイオンフィナンシャルサービスである日本クレジットカード株式会社の子会社として設立したエヌ・シー・エス興産株式会社が、2008年の保険事業統合を行う過程でイオン保険サービス株式会社が誕生しました。

翌年にはイオンカード会員専用の保険商品をリリースし、全国のイオングループショッピングセンター内に来場型の保険ショップを設けるなど、保険事業を展開してきました。

イオンカード会員専用の保険商品として「あしたをささえるイオンのがん保険」と「あしたをささえるイオンの医療保険」の2種類を提供しています。がん保険は月々110円~、医療保険は月々690円~加入することができる保険は、イオンマークのカード所持者にとってとてもリーズナブルな価格となっています。

2019年には従来の「イオン保険サービス」を改め、「イオンの保険相談」に屋号を変更しました。さらに、Webサイト「イオン保険マーケット」も今後は「イオンの保険相談 保険マーケット」として展開を開始しました。

また、可愛らしいブランドキャラクターとして「こんさるん」も同時に誕生し、2019年12月10日~2020年2月29日の期間中には、イオンの保険相談に予約・相談をした人を対象とするこんさるんグッズをプレゼントするキャンペーンを開催していますので、気になる方はチェックしてみましょう。

会社名 イオン保険サービス株式会社
住所 千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1 イオンタワー
創業 1990年1月16日
資本金 2億5,000万円

イオン保険サービスの保険を紹介

あしたをささえるイオンのがん保険

20代110円~、30代200円~、40代580円~加入できるがん保険です。この保険に加入するためにはイオンマークのカードに入会する必要があり、同カード会員様とその配偶者様であればイオンのがん保険に加入可能です。また、上皮内がんや放射線治療費、がんの再発にも対応しており、再発を含め、がんが発覚した際には一時金最大300万円の給付金が支払われます。さらに治療目的ががんによるものならば、日帰り入院はもちろん、入院日数に制限なく、入院補償を受けることができます。

あしたをささえるイオンの医療保険

こちらも20代690円~、30代870円~、40代880円~の比較的低コストで医療保険に加入できます。これらはすべて加入初年度の保険料となり、イオンマークのカード会員様とその配偶者様であれば、この保険料でケガや病気に対する保険に入ることが可能です。また、病気によっては長期化する恐れがありますが、イオンの医療保険は最高入院日数180日まで補償されるため、長期入院も安心です。さらに、日帰り手術、放射線治療、後遺障害のサポート体制も整っています。