イオンのがん保険の特徴・メリット

イオンのがん保険である「あしたをささえるイオンのがん保険」は4つの補償をリーズナブルに提供しているため、がん保険を難しく考えたくない方にオススメです。イオン会員様に対してメリットを持つイオンのがん保険についてご紹介します。

あしたをささえるイオンのがん保険の給付金・保険料は?

保険名 あしたをささえるイオンのがん保険 【参考】ランキング1位「新がんベスト・ゴールドα」
10年間の給付金 21,500,000円 36,200,000円
月々の保険料 1,510円 2,440円

▼がん保険を受け取る人の条件はこちら

  • 10年間がん治療をしている患者
  • 2年に1回手術を行っている
  • 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかを毎月行っている
  • 1984年4月1日生まれ35歳男性/終身

がん手術保険金とがん放射線治療保険金に関して、限度回数を明記していないため、がん手術を合計5回、がん放射線治療を合計60回にして10年間で受け取れる給付金を算出しました。

▼上記給付条件における、あしたをささえるイオンのがん保険の具体的な内容はこちら

がん診断保険金300万円(回数無制限)、がん入院保険金1万円/日(日数無制限)、がん手術保険金 入院中10万円/回(制限あり)/入院中以外5万円/回(制限あり)、がん放射線治療保険金10万円/ 回(制限あり)

あしたをささえるイオンのがん保険の特徴やメリット

イオンカード会員向け保険料

20代110円~、30代200円~、40代580円~。このように格安でがん保険に入れるのが、あしたをささえるイオンのがん保険の特徴です。しかし、誰でも加入できるわけではなく、イオンマークのカード会員様とその配偶者のみが入ることができます。

また、イオンカード所有者のための保険ということもあって、イオンマークの付いたクレジットカードで保険料を支払うことで、カードショッピングに利用できるときめきポイントが加算されるため、お得な設計となっています。

回数無制限で一時金最大300万円を支給

がんと診断された際に一時金として支払うがん診断保険金は、再発の場合も含めて何回でも支給可能となっています。最大で300万円という大きなお金が補償されているため、仕事や家庭等の生活面に対する不安を和らげることができます。

また、再発の場合も支払われる保険金なので、万が一、がんが再発した場合にもしっかりと対応することが可能なのです。なお、以前のがんの診断確定日から2年経過し、その日の翌日以降にがんが再発したという診断が確定しなければいけない条件があるため注意してください。

がん治療特化型の補償

上皮内新生物と診断された場合にも、がん診断保険金の100%を受け取ることができます。また、入院していてもしていなくても放射線治療費が給付されることも大きなメリットです。さらに、がんの治療目的とした入院なら日帰り入院も含め、日数に制限なくがん入院保険金が支払われます。

上記したリーズナブルな保険料でがん診断保険金・がん入院保険金・がん手術保険金・がん放射線治療保険金の4つの補償を受けとることで、がんに備えることができるのです。

あしたをささえるイオンのがん保険の主契約と特約

がん診断保険金 50万円~300万円(2年に1回を限度として、無制限)
がん入院保険金 5,000円~10,000円/日(日数無制限)
がん手術保険金 入院中:50,000円~10万円/回(回数制限あり)
入院中以外:25,000円~50,000円(回数制限あり)
がん放射線治療保険金 50,000~10万円/回(回数制限あり)

この商品とおすすめがん保険を比較

このがん保険をチェックした人はこんな保険も見ています